《後編》ラウンジでお金を貯めて海外留学!言葉の壁を感じる前にやるべきこと【ラウンジアンテナ】

 



FAstyleではラウンジで働いている女の子に文章を委託する「FAW Project」をスタートしました。空いている時間にアナタの体験談を文章にしませんか?FAstyleでは女の子のリアルな体験談を募集中です!

 

今回の内容は「ラウンジでお金を貯めて海外留学!言葉の壁を感じる前にやるべきこと」。きました、海外留学。留学に憧れる人はたくさんいると思いますが、本当に行動に移せている人は少ないのではないでしょうか?かくいうわたくしもその1人。だっていろいろ不安ですもんね。。

 

【前編の内容】今回の寄稿者は会員制ラウンジ経験者で海外留学をしたグリコさん。前編では、「目的をはっきりさせる」「計画を立てる」「ことばの勉強」「もう現地にいる気分で」を解説してくれました。後編でもまだまだ為になる話を聞かせてくれてます!是非ご覧ください!

 

 

 

 



 

《後編》ラウンジでお金を貯めて海外留学!言葉の壁を感じる前にやるべきこと【ラウンジアンテナ】


留学って憧れますよね
 

 

1.図太くいこう

 

基本的に日本を出たら、自分の意見をはっきり言うことが大切。日本人の謙虚さは私の経験上、おそらくどこにいっても好かれます。でも、海外では「相手の気持ちを汲み取る」習慣は皆無に等しいので、自分からやりたいこと、挑戦したいことにはどんどん手を挙げていかないと人生において貴重なチャンスを逃してしまいかねない。

海外での生活は椅子取りゲーム、とまでは言いませんが(笑)、少し図々しいくらいに性格をシフトしちゃいましょ!!!あっもちろん、「NO」を言うのも大切ね!

 

2.現地の人に慣れる

 

行きたい国の出身のひとたちが集まるコミュニティやお店を調べて、日本で交流を持ってみよう。

私社交的だしいけるでしょ!という人でも、言語や目や肌の色、しぐさ、はたまた声の出し方まで大きく異なる外国の人を前にすると、意外とシャイに、プチパニックになってしまうもの。
事前に"ちがい"に慣れておこう!文化や習慣もちょこっと勉強しておくと切り口として入りやすいし、話題にした時は相手も喜んでくれるはず。

私は、現地で外国人が怖くて引きこもりがちになってしまう日本人を何人も見ました。気が滅入って帰国してしまったり、日本人とばかり交流をしてるので長年住んでいても現地の言葉を話せない人も。

それも人それぞれ、その人がハッピーならステキ!だけど人生一度きり、思い描いた海外生活があるなら実現させちゃおう。

!注意!
興味があるコミュニティやお店を見つけたら、きちんとした団体・お店なのか調べてから行こう。知らない人と交流を持つ時は初めは友達と行くなど、くれぐれも気をつけてね!

 

3.節約のすすめ

 

日本ってなんでもあって、本当に魅力的。日本で欲しいもの、食べたいものたくさんあるかもしれません。でも、まだ見ぬ異国の地での生活があなたを待っています。現地で経験したいと思ったことやそこでしか得られないものには、お金で躊躇したりせずチャレンジしたい。

できるだけ日本ではセーブして、海外生活を満喫するためにとっておこう!もしあなたが海外初心者ならば、外国ではなにがあるか予測不可能なところもあると思います。保身である程度貯めておくのも大切。

 

4.まとめ

 

なんて、準備のすすめを情熱的にお話ししてみましたが、憧れの海外生活へのときめきを胸に飛び込む気持ちがなにより尊い!

きっと予想もしない素敵な出会いや経験が待っているし、今までにない大きな成長をあなた自身が感じられるはずです。

さあさあ、新しい人生のステージに向けて出発だー!!

 

筆者:グリコ

 

《前編》ラウンジでお金を貯めて海外留学!言葉の壁を感じる前にやるべきこと【ラウンジアンテナ】

 



 

編集後記


意外に留学しても結局何も言語を取得できず帰ってくる人って多いですよね、わたくしの友人にも何人かいました。グリコさんが言っているように、結局海外でビビッて日本人とばかりいたそうです。

そんな人におすすめなのが、「多国籍キャバクラ」。そこは世界の縮図かのように、ありとあらゆる国のお姉さまがわんさかおります。入れ替わり立ち代わりで知らない国のお姉さまが出てきて、プチパニックを味わえます。楽しいところなので、興味ある人は是非行ってみてくださいな!