会員制ラウンジ嬢あるある。可愛いのに彼氏いない子驚異の8割?あなたは何タイプ?【ラウンジアンテナ】

 



FAstyleではラウンジで働いている女の子に文章を委託する「FAW Project」をスタートしました。空いている時間にアナタの体験談を文章にしませんか?FAstyleでは女の子のリアルな体験談を募集中です!

 

今回の内容は「可愛いのに彼氏いない子驚異の8割?あなたは何タイプ?」世間にはだれがどう見ても可愛いのになぜか彼氏ができないという女の子がいるようです。モテモテのはずですが、どうしてなんでしょうか?私には理解し兼ねます。いったい男は何してるんだ!

 

今回の寄稿者は会員制ラウンジ経験者のみよんさん。数々の可愛い子を見てきたみよんさんが、可愛いのにモテないタイプを解説してくれました。もしかするとあなたもそのタイプになってるかも?気になるあなたは今すぐこの記事を確認しましょう!

 

 

 

 



 

会員制ラウンジ嬢あるある。可愛いのに彼氏いない子驚異の8割?あなたは何タイプ?【ラウンジアンテナ】


かわいい子はモテモテのはずですが
 
めちゃくちゃカワイイしスタイルもいいのに、なぜかあんまりモテなくていつも彼氏がいない子っていますよね。そういう子は、個人的に3パターンに分類できると思っています。裏ではいるかもしれないけどね!

 


 

1.理想とプライドが高すぎるタイプ

 

自分が可愛いor美人なことを自覚しているがゆえに、顔も収入も性格も全部自分好みじゃないと気が済まない女の子っていますよね。私の友達にも、「絶対イケメンじゃなきゃ嫌だ」とか「ハイスペックな男性しか無理」なんて子がちらほら…。

たまに男の子が勇気を出して声をかけても、「私はそんな簡単な女じゃないんだから!」と冷たくあしらってそっぽを向いていると、どんどん近寄りがたいオーラが強くなってしまいます。

たまには、1つくらい気になる点があっても妥協して、自分が育てるつもりで男性と向き合ってみるのも良いかもしれませんね。

個人的にはこのタイプは年上の男性を好むケースがすごく多いのですが、年下の健気さに折れて付き合ってみたら意外と居心地が良くて、そのまま結婚した女の子もいました。その子曰く、年下の男の子はどんな要望でも素直に受けとめて、叶えようと努力する姿がかわいいんだとか。

 

2.性格もいいのに…高嶺の花タイプ

 

ビジュアルも中身も文句なしで、女の子から見てもすごくいい子なのになぜかモテない子は、男性にとっては「高嶺の花」すぎるのかも。

最近よく恋愛コラムなどで「隙のある女がモテる」と目にしますが、これはあながち間違ってないと思います。隙がない完璧な女の子って男の人から見ると手が届かない存在なので、口説く前に「俺なんか相手にされないかも」諦めちゃうんですよね。

その結果、高嶺の花タイプの女の子に寄ってくるのは「いい女を自分のものにしたい」支配欲が強めの俺様タイプでが多いんじゃないでしょうか。こういうタイプはお金持ちだったりイケメンだったり、自分にどこかしら自信があるので、冷たくあしらっても諦めないしつこさがあるのが厄介なんですよね。

高嶺の花タイプを脱却するには、誰にでも気さくに話しかけてみたり、いつもより少しラフなメイクやファッションでわざと「隙」を演出してみてはいかがでしょう?しかしもちろん、自分のスタイルを崩さずに永遠に「高嶺の花」として生き抜くのも、カッコよくて憧れます!

 

3.男に媚びたくない!自立しすぎタイプ

 

毎日残業&休日出勤が当たり前なバリキャリ女子は、しっかりしすぎて家庭的なイメージと結びつかないのかもしれません。真面目で努力家なところが成功の一因になっているかもしれませんが、なかなか人を頼ったり甘えたりするのが苦手な方も多いのでは?

目標に向かって一生懸命に努力する姿はとてもすばらしいですが、たまには仕事のことを忘れて羽を伸ばしたり、周りの人に背中を預けるクセをつければ、身にまとう雰囲気もぐっと柔らかくなって、あなたを支えたいという男性があらわれるはず。

そんな素敵な男性と支え合える関係になれば、仕事もプライベートももっと充実すること間違いなしです!

 

 

筆者:みよん

 



 

編集後記


ほとんどの女性は将来的にはやっぱり結婚したいと思ってるはず。なんかのテレビでやってたんですが、35歳を越えると結婚できる確率がガクンと下がって、7%くらいになるそうです。そこからさらに年を取るとどんどん下がっていくらしく、この数字を見て結婚なんて絶対できない!と思った絶望的なアラフォー女子も多かったんじゃないかと思います。

でも人間欲深い生き物なので、やっぱり自分の好みを叶えたいと思っちゃってどんどん年を重ねる結果に。客観的に自分の相場を判断することってすごく大事だなーと今回の記事を見て思いました。ちゃんちゃん