女の子必見!彼氏の浮気を見抜く女の勘の使い方【ラウンジアンテナ】

 



FAstyleではラウンジで働いている女の子に文章を委託する「FAW Project」をスタートしました。空いている時間にアナタの体験談を文章にしませんか?FAstyleでは女の子のリアルな体験談を募集中です!

 

今回の内容は「彼氏の浮気を見抜く女の勘の使い方」。女の勘は鋭いといいますよね、男の浮気なんてすぐに見破られて一生尻に敷かれるなんてこともよく聞きます。なんでそんなに鋭いんでしょうか?不公平だ!

 

今回の寄稿者はラウンジ経験者のえみみさん。男と女では脳の構造が違うようで、女の勘が鋭いのには訳があったようです。この能力は男の浮気を見破ることにとても効果的とのこと!「彼氏が浮気してるかも。。」なんていうそこのあなた!今すぐチェックです!

 

 

 

 



 

女の子必見!彼氏の浮気を見抜く女の勘の使い方【ラウンジアンテナ】


浮気している彼氏をこらしめましょう
 

 

1.男女の脳の得意分野が違う

 

先日、ダ・ヴィンチニュースで男女の脳の得意分野が違う、という記事を読んだ。簡単に要約するとこうだ。

「男性は「空間認知力」が高く、イメージを処理することが得意です。パズルの抜けたピースの形を見つけるのが得意です。逆に、「間違い探し」のように全体を見て、2つの絵の細かい違いを探すことが苦手だったりします。

一方、女性は「言語能力」が高く、総合的な判断が得意です。男性が苦手な「間違い探し」は女性のほうが得意な人が多い傾向にあります。」とのこと。

つまり女性は、自身の脳の得意分野である「間違い探し能力」を応用して、「彼氏の浮気を見抜ける」と言えます。

これは女性の勘とも言えますが、脳科学でもあります。

 

2.女性の方が変かに気が付くことが多い

 

確かに、久々に会った友人の変化に気付くのは女性の方が多い気がしませんか?

「あれ?なんか髪の毛切ったでしょ〜?」
「なんか洋服の趣味変えた?前は結構カラフルな色使いの服きてたのに、今日いつもと違ってシックなかんじだね〜」
と、以前とは違う何らかの変化に気づくのは女性の方が多いです。

男性は、友人や女性の細かいところにまで目がいっていないし、覚えていないことが多くあります。

これはまさに「間違い探し能力」の男女の差にあります。

 

3.「間違い探し能力」で浮気を見破る

 

私はこの、女性特有の「間違い探し能力」を使って、以前付き合っていた男性の浮気を見破ったことが多々あります。

・いつも通り汚い部屋なのに、このスウェットだけ綺麗にたたんでポンっと枕元に置いてある…
・洗面所になぜかコンタクトケースが置いてあるなあ…確か彼、裸眼って言ってなかったっけ…
・いつもは白いトイレットペーパーなのに、急にピンク色のトイレットペーパーに変わってる…男がピンクのトイレットペーパー好んで買うかなあ…
・あれ、冷蔵庫に調味料が増えてる。たしか料理できないし、しないって言ってたよな…

などなど。



 

4.自身の「間違い探し能力」を利用すべき

 

私は、「あんた、浮気してるでしょ!!」と突き付けるタイプではありませんが、女の勘(=間違い探し能力)が働き、スーッとフェードアウトしました(苦笑)

フェードアウトした今、全く後悔していません。何故なら自分の勘(=間違い探し能力)を信じれたからです。

「もしかしたら彼、浮気してるかも。彼氏のスマホのロックをどうやって外そうかな…」
「今のライン、誰から来たんだろう…」
「ちょっと今日、彼氏が行くって言ってた場所ついていっちゃおうかな…」

なんて思っているそこの貴方。自身の「間違い探し能力」をうまく利用すべきだと思いませんか?

 

5.日頃から彼氏の様子を記憶しておく

 

この「間違い探し能力」のたった一つの注意すべき点は、日頃から彼氏の様子を注意深く見て、記憶しておくことです。

自身の「間違い探し能力」を発揮するにも、大前提として普段の彼を知っている必要があります。彼を知ったら、ぜひ自分の「間違い探し能力」を信じてみてほしい。

「スマホのロックをどうやって外そうかな…」
「なんとか指紋認証を解除して…」

なんて、馬鹿なことはやめておきましょう!!

「女の勘=間違い探し能力」を、ふんだんに使って、その彼より、更にいい男をゲットするのみです!!地球上には「彼しかいない」なんてことはきっとありません。

 

6.「間違い探し能力」で女子力アップ

 

また、自身の「間違い探し能力」を向上させることは、女子力アップにも繋がります。何故なら、「間違い探し能力」は「気づく力」つまり「観察力」のことです。

「気づき」を行動に移せる女性って、手の届かないところに手が届く、気が利く女性だと思いませんか?

・あれ、彼/あの子、今日1日中、咳してるけど体調悪いのかな…のど飴持ってるから、一個あげよう。
・あ、彼の腕のボタンが取れかかってる、とりあえずボタンなくすと困るから、今は一旦取っておいて、帰ったら縫ってあげよう。
・彼の履き続けてる靴、以前に比べてだいぶ汚れてきたな…たまには靴磨きしてあげよう。

これは沢山あるうちのいくつかの例にすぎませんが、「観察力」が働き、行動に移したものです。

本当はAであることがベストなのに、いまBの状態だ…なんとか私の力でAにしてあげよう!というのが、「間違い探し能力」=「観察力」であり「気づく力」です。

 

7.真に気の利く女性を目指す

 

こんなことができる女性って、気が利いてほんっと素敵ですよね…こういう女性って、男性としてもなかなか手放したくないのではないでしょうか。

ただ、単なる「お節介おばさん」で終わらないように、絶妙なタイミングで「観察力」「気づく力」を使いこなしてこそ、真の気の利く女性だと思います。

いくら「観察力」「気づく力」に長けている女性でも、お節介で押し付けがましい女性は煙たがられます。「お節介」と「観察力」「気づく力」を行動に移したものは、表裏一体です。

本当にそれが相手が求めていることなのか、それとも、いまこのタイミングは見逃しておいたほうがいいものなのか、見抜く力を持ってこそ、素敵女子だと思います。

「間違い探し能力」
「観察力」
「気づく力」

どれも女性に限らず、人間にとって、持っていれば素敵な能力であることは間違いないのですが、その能力を使うタイミング、使わないタイミングをはかれてこその能力です。



今回、「彼氏の浮気を見抜く女の勘の使い方」というテーマで執筆しましたが、「間違い探し能力」をフルに使って以前の彼、いまの彼をよく観察してみて下さい。

そしてその結果を踏まえて、その彼と別れたいのか別れたくないのか、自分軸で考えてから、行動に移すといいと思います。

 

 

筆者:えみみ

 



 

編集後記


「話を聞かない男、地図が読めない女」という本がありまして、結構有名な本なので読んだことある方も多いんじゃないかと思います。内容はざっくり言うと男と女は脳の構造が違うので、思考や行動が違うとのこと。

そもそも男と女は違う生き物だとこの本では言っておりまして、お互いが思っていることが同じだと考えないほうが良いらしいです。

「私のこと全然わかってない!」なーんて感じで女の子にキレられたこともありますが、そもそもそんなこと言ってる時点でお角違いってことですよね。なんて神様は厄介なことをしてくれたんだと思いつつ、これからも女性には怒られる所存で生きていきます。