キャバクラやラウンジ、クラブで同伴を増やす誰でもできる方法!【ラウンジアンテナ】

 



FAstyleではラウンジで働いている女の子に文章を委託する「FAW Project」をスタートしました。空いている時間にアナタの体験談を文章にしませんか?FAstyleでは女の子のリアルな体験談を募集中です!

 

今回の内容は、「キャバクラやラウンジ、クラブで同伴を増やす誰でもできる方法!」。同伴がノルマのお店もあったりで、中々始めたばっかりの女の子にはハードルが高かったりしますよね。営業LINEばかりだと煙たがられそうだし。。

 

今回の寄稿者はラウンジ経験者のあんなさん。自己流の同伴テクニックを確立させたようで、調子もまんざら悪くないそうです。この記事を見て、同伴がっつし取っちゃいましょう!

 

 

 

 



 

キャバクラやラウンジ、クラブで同伴を増やす誰でもできる方法!【ラウンジアンテナ】


明日の同伴はどうしようかな~
 
完全自己流だけどうまくいく(笑)、同伴回数を増やすコツを3つオススメするね!

 


 

1.美味しいお店の話をする

 

グルメな男性は、同伴に引っ張りやすい。あと、仕事の付き合いの食事会が少なくて、同伴の時間に暇を持て余してる男性。

男性がラウンジに来店してる時、または同伴などで食事をしてる時、さりげなく最近お気に入りのレストランや、流行りのお店の話をしてみる。

そうやって何気に食事の種を植えておくと、「じゃあ今度、そのお店に連れてってほしいな」ってお食事デートのおねだりをしやすいし、男性が女の子のことをふと思い出すきっかけにもなるでしょ。

しかも直接顔を合わせてそういう話をしてるときは、「いいよ、いいよ」と言ってくれる男性も多い。断りづらいんじゃないかな。

いざ同伴をおねだりしたいときにも、「◯◯さんがこないだ話してた、◯◯だけど、すごく楽しみにしてる♪♪いつごろだったら一緒に行けそうでしょうか?」といったように切り込めばOK。

どう、簡単でしょ?

 

2.面白い女になる

 

男性に、「同伴してでもこの子ともっと過ごしたいな」って思わせるには、一緒にいて面白い女になるのが一番。

面白いって言っても、決してお笑いのセンスが必要なわけじゃない。お相手の話を聞くのが上手で、返すのが上手な、話し上手、聞き上手になればいいだけ。

相手が前に話してた内容を忘れないでいてあげるのもひとつ。

目を見て話を聞くのもひとつ。

見た目はすぐ飽きられちゃうし、夜の世界では可愛い子っていっぱいいるから、面白さで勝負して、同伴を増やすのがいいかもね。

 

3.適度にこまめに連絡を取る

 

真剣にこまめにメールすると疲れちゃうよね。営業メールは仕事の一部だと思いつつも、やっぱり面倒くさい。

そういうとき、一斉メールでも、いっそコピーアンドペーストでも大丈夫。

「今日は雨だけど、出勤だあ。ハイヒールだからツルんッて滑らないように気をつけなくちゃ!なにか、楽しくなれるようなことないかな〜」っていうちょっとしたひとりごとのつぶやき程度で大丈夫。

とにかくこまめにメッセージして存在感をアピールする。見返りを期待すると疲れちゃうから、時間も労力もかけずに、期待せずに連絡するのがポイント。

そうすると男性が、ふとしたときに思い出して誘ってくる。急に、飲みに行きたいなとか、ご飯行きたいなって時に、ご指名の連絡が来る♪

「今日、空いてる?同伴でごはんいかない?」って具合にね。

あまり連絡しすぎるとしつこいと思われることもあるし、「お店来て欲しいな」って営業のメールや、「元気?最近来てくれないね」っていうニュアンスだと煙たがれることもあるけど、かわいげのあるつぶやきは効果てき面!

ぜひぜひ試してみてね。



これらが、簡単だけど効き目のある3つの同伴テクです。みんなも同伴ノルマが足りないとき、今月もうちょっと稼ぎたいってときに、ぜひぜひ使ってみてね。

 

 

筆者:あんな

 



 

編集後記


同伴も誘われて何度かしたことありますが、中には平気で何十分も遅刻をしてくるお嬢もおりました。歩く仏陀と言われるわたくしではありますが、あれをやられると一気に冷めるんですよね。。

まあ同伴なんて行きたくないのは分かりますが、自分から誘っておいて同伴分稼ごうってのが見え見えで。もうちょっとプロのお仕事をしてほしいと思います。

しかーし!めげずにまた同伴しちゃうわたくしは、なんて優しい男なんでしょう。かわいい女の子と過ごす時間は、1分でも惜しいと思う今日この頃でございます。