体験入店で指名・リクエストのお客さんを連れてくるメリットをご紹介!

体験入店で指名・リクエストのお客さんを連れてくるメリットをご紹介!

FAstyleではラウンジで働いている女の子に文章を委託する「FAW Project」をスタートしました。空いている時間にアナタの体験談を文章にしませんか?FAstyleでは女の子のリアルな体験談を募集中です!
 

今回の内容は、「体験入店で指名・リクエストのお客さんを連れてくるメリットを紹介します」。体験入店って緊張しますよね。初めてのお店で初めてのスタッフとキャストに囲まれて、あーもうドキドキが止まんない!

 

今回の寄稿者は長年の水商売歴を持つえみみさん。体験入店では自分のお客さんを呼ぶべきだと声を大にして言っています。そのメリットとはどんなものなんでしょう?では、張り切ってどうぞ!

 

 

 

 



 

体験入店で指名・リクエストのお客さんを連れてくるメリットを紹介します


体験入店を恐れないで
 
体験入店の際に、指名リクエストのお客様を同伴もしくは、指名リクエストのお客様を呼ぶことはメリットだらけだと思います。

それではさっそく長年の水商売歴で培った体験入店で指名リクエストのお客さんを連れてくるメリットを紹介したいと思います!

 


 

1.自分のお客様が味方になってくれる

 

体験入店は、慣れない環境下また初対面のスタッフさんキャストさんの中で働くので、多かれ少なかれ、どうしても不安が付き纏います。ですが、自分のお客様を呼ぶことで味方になってくれ、精神的に安心して体験入店をすることができます。

スタッフさんや、そこで働いているキャストさんが何故か皆んな敵のように見えるのが体験入店です。

自分が緊張しない、不安にならないためにも自分のお客様を呼ぶことをおすすめします。1人でも味方になってくれるお客様がいることで、ホッとすると思います。

 

2.お客様を持っている証明ができる

 

フットワークの軽いお客様、そのお客様を呼べるキャストはお店側から重宝されます。

お店が暇な時「いまどこにいる?今すぐお店にきて!」と呼べるキャストは意外と少ないものです。自分に忠誠心のあるお客様を持っている証明にもなるので、体験入店時にお客様を呼ぶことは、お店側への印象がよくなります。

「この子は仕事ができるな」と、お店のスタッフさんに思わせたらこっちのものです。

水商売はどれだけ売り上げたかが全てを物語ります。「これだけ私は売り上げられます!」という証明を体験入店時にすることで、本入店への近道となります。

 

3.持っているお客様の質をお店に見せることができる

 

体験入店時は、輩っぽくなく、またヤクザっぽくもない、綺麗に飲んでサクッと帰るお客様を呼ぶのがおすすめです。

「お客様は自分の鏡」とはよく言ったもので、まさにその通りだと思います。つまり、お店からの自分の評価は、連れてきたもしくは呼んだお客様の質を評価されると思ってください。

シックで大人っぽいお店に輩客を連れてくると、いくら売り上げがあるといっても、カラー違いで本入店できないことがあります。体験入店だからといって、どんなお客様でも呼べばいいというものでもありませんので注意が必要です。


 

4.お客様によっては体験入店を祝って、抜きもの(=シャンパン、ワインなど)をオーダーしてくれる

 

これはあくまでも個人的な経験なのですが、私に底抜けに優しく、忠誠心もあり、お金持ちのお客様がいます。

そのお客様は体験入店をするたびにお祝いと言って抜きものをオーダーしてくれる方です。正直、なんのお祝い?と思うことがありますが、有り難い限りです。

こういったお客様を連れていくことで、お店からの自分の評価はぐんとアップしますのでおすすめです。

 

5.自分のお客様から、お店の評価を聞ける

 

こちらも私の経験談なのですが、私のお客様はありとあらゆる夜のお店を知っています。

そのため、体験入店時に連れていくと、
「ここのお店はスタッフさんの動きがあまりよくないから、違うお店にしといたら?」とか
「このお店は私のカラーと合わないんじゃない?」「このお店だったら〇〇ちゃん(=私)、売れると思うよ、頑張って!」
「誰が店長?あの人なら信頼できそうだね!」
「あの女の子とあの女の子、仲悪そうだけど大丈夫?」

などと、客観的に意見を言ってくれます。

もちろん全てを真に受けるわけではありませんが、信頼できるお客様なので多少の参考にはしています。

また、面接時や、体験入店時、スタッフさんが自分に優しくしてくれるのはごくごく普通のことです。厳しくなるのは数ヶ月間の保証期間が終わって、ノルマがあるお店の場合、ノルマをクリアできなくなったときです。

その時に親身になって相談をしてもらえるスタッフさんがどれだけいるか、見極めることも重要です。

自分のお客様の意見、そして自分が体験入店をしてみた感想などを含め、最終的に入店するかどうかを決めるのは自分次第なので、最終判断は自分で覚悟を持って決めましょう。

 

6.お客様同士を比較できる

 

体験入店時に自分のお客様を連れてきたからといって、ずーっとそのお客様につきっぱなし、ということはまず無いと思います。

体験入店なので、少なくとも1-2度ほどは、他の席に着くと思います。そこで、そのお店の客層をしることは重要なポイントです。

自分の大切なお客様と比較して、どういう印象をもつかを意識して会話をしてみて下さい。

もしヘルプでプラス付け(=本指名の女の子のあるお客様にプラスして女の子をつけること)の時は、お客様の雰囲気だけでなく、女の子同士の雰囲気、会話の内容はとても参考になります。

体験入店のキャストに親切に話しかけてくれるか、それとも冷たくあしらわれるか、お客様、そして女の子によって全然違うので、本入店後のことをイメージしながら、会話に入っていくようにしてください。



以上が体験入店で指名リクエストのお客さんを連れてくるメリット6つをご紹介しました。

少しでも皆様のお役に立てると幸いです。

 

 

筆者:えみみ

 



 

編集後記


大学生の頃、家庭教師のアルバイトの体験をしたことがありました。そう、まさに知らないおうちへ体験入店です。ちゃんと教えられるかなーとドキドキしてドアを開けたもんです。

今日のお相手は中学1年生の男の子。親はおらず、いるのはこの子とその弟だけ。

早速授業に取り掛かるものの、話しかけても返答が全くなし。ほぼ60分間独り言を言って、授業終わりましたチェック表みたいなのにサインもらって帰宅。

「全く返答がなく、そのうち手が出そうになるので辞めます」と言って、家庭教師はやめておきました。やっぱりコミュニケ―ションって大事だと実感した経験でございました。