銀座の高級クラブで働く上で、知っておいた方がいい事

銀座の高級クラブで働く上で、知っておいた方がいい事

 

FAstyleではラウンジで働いている女の子に文章を委託する「FAW Project」をスタートしました。空いている時間にアナタの体験談を文章にしませんか?FAstyleでは女の子のリアルな体験談を募集中です!
 

今回の内容は、「銀座の高級クラブで働く上で、知っておいた方がいい事」。ドラマや動画サイトなどで以前より身近に感じれるようになった「クラブホステス」。

ですが実際働いてみてギャップも多いようで、戸惑いを感じられるみたいです。
 

今回の寄稿者はクラブホステス経験者の「みゆみゆ」さん。実際の仕事内容や、料金について詳しく解説していただきました。
 

この記事を読んであなたもクラブホステスにチャレンジしてみましょう!

 

 



 

銀座の高級クラブで働く上で、知っておいた方がいい事


ホステスは華やかなだけではありませんよ
 
銀座の高級クラブでのシステムや働き方についてお話したいと思います。これから銀座の高級クラブで働いてみたい方に参考になるといいです。
 

1.銀座の高級クラブでの料金について


まずだいたいの料金についてお話したいと思います。働くお店によって多少違ったり、増税したりでまた料金が変わってきたりするのですが、私が働いていたお店は1セット90分で43,000円くらいでした。その内訳もお店によって多少違いますが、セット料金やチャーム(おつまみ)にミュージックチャージやサービスチャージ等がついて税金も合わせての値段になります。


それ以降は30分3,000円くらいにサービスチャージと税金がつくようなシステムだと思います。昔働いていたお店は、延長すると5,000円のフルーツやチャームがくるシステムだったので、1セット料金に30分延長しただけでも55,000円くらいになる謎なお店でした(笑)お金にあまり余裕がない方にノルマを助けてもらう為に同伴して貰う時は、延長にならないように気を付けていたのを覚えています。


そしてお客様が飲むキープボトルがない場合は頼んで頂きます。それがだいたい30,000円から50,000円くらいになりますが、キャバクラと違って女の子がお客様と一緒にボトルのお酒を頂くのでゆっくり飲めばすぐ空かないですし、毎回ボトルを入れて頂くわけではないので長い目で見ればそんなに高くないかなとも思います。


でもお店が暇だったり、売上げの為にボトルのお酒を飲むペースをあげたりホステスをいっぱい着ける場合もありますが、、、


更に銀座のサービスチャージは45%くらい乗せる事になるので、50,000円のボトルだと72,500円がお客様の支払う金額になります。


なので初めていらっしゃるお客様は1セット90分いてもボトル代含めてだいたい100,000円くらいになりますってお話になるのは、こう言う内訳になる為です。

 

2.売上げホステスとヘルプのホステスについて


これは私がキャバクラからクラブに移籍した時に黒服からの説明で全く理解出来なかった言葉でした(笑)


キャバクラってお店の下で黒服が呼び込みをするのもあって日々新しいお客様と出会えるチャンスがありますが、銀座の高級クラブは一元さんお断りです。それは先程説明した料金設定が高めなのもありますし、担当の係りの女性にお客様が売り掛けをして後日請求書払いをするシステムもある為、よほど信用された方のみが飲みにくる事が許されると言う意味があるからです。


銀座の高級クラブには自分自信でお店を経営されているオーナーママか雇われママ、他に売上げホステスとヘルプホステスがいます。ママはそのお店の顔となる人物なので売上げ表にはいないのでナンバーワンとは呼ばないですし、実際ママよりも売上げホステスの方が売上げがあったりもします。私が初めて入店規約書みたいなのを担当の黒服に説明された時、ママと売上げがどう違うのかよく分からなかったです(笑)


ナンバーワンだからママと呼ばれるわけではないんですよね。もちろん昔はナンバーワンだったのでしょうけど、やはり夜の街はお客様の奪い合いの為いろいろな戦いの結果と年齢と共に売上げも下がっていくものなのを理解したのは、銀座で勤めて何年か経った後でした。



ここでは売上げホステスとヘルプホステスについてお話していきたいと思います。


売上げホステスとは単純にお客様を沢山持っていて、売上げを作るホステスです。クラブは永久指名制であるので、そのお店ではお客様の担当をする係りとしてお客様の来店や管理をしていきます。

売上げホステスは沢山お客様がいますので、営業メールやお客様のお連れ様の枝と呼ばれるお客様までへの対応が出来ず困るので、ヘルプホステスが必要になります。またヘルプホステスは売上げホステスのお客様と仲良くなり、同伴をして頂いたり、売上げホステスのお姉さんのお客様が同時に来た時のヘルプをしたり、アフターをしたりするのがお仕事の役割りとなります。


先程話した通り、売上げホステスのお客様のお席のボトルを空けて売上げに貢献するのもヘルプホステスの役割りになります。なので売上げホステスも日々お客様に来店して頂くよう営業メールや、休みの日のゴルフやランチ、お中元にお歳暮や来店された時の手土産を用意したりするのに対し、ヘルプホステスは来て頂いたお客様に気に入ってもらい来店頻度が上がるようにお仕事をするのが役割りです。その為のアフターや、お休みの日のゴルフやランチに行く事ももちろんあります。


売上げホステスはあまり同伴ノルマはないですが、ヘルプホステスはお客様を持っていないけれども同伴ノルマが毎月あります。これは売上げホステスのお客様を来店させる為の仕組みと言えるでしょう。自分でお客様を持っていないので、みんな罰金を引かれないように必死に来店されているお客様と連絡先を交換し、営業メールをしてお食事に誘って同伴して頂きます。罰金についてはまた次回お話していきましょう。これもまた奥深い内容のシステムになっています(笑)


やはり銀座の高級クラブでは、普段出会う事が出来ない紳士なお客様が多かったと思います。キャバクラと違ってだいぶ働き方のシステムも料金設定も違いますが、20代からヘルプホステスとして働いて、後に売上げホステスとして働いていけるととてもいい経験になるなと思いますよ。

 



 

編集後記


キャバクラなどのナイトワークを経験してからクラブホステスとして働くとギャップを感じることが多いと思います。

でもそれは他の仕事にも言えることです。

最初は戸惑いを感じることがあるとは思います。

ただ他の職場では経験できないことがたくさんある魅力的なお仕事です。

今回の記事で興味を持っていただければと思います。