会員制ラウンジ未経験の女の子にアドバイス!指名の取り方教えます

 



FAstyleではラウンジで働いている女の子に文章を委託する「FAW Project」をスタートしました。空いている時間にアナタの体験談を文章にしませんか?FAstyleでは女の子のリアルな体験談を募集中です!

 

今回の内容は「会員制ラウンジ未経験の女の子にアドバイス!指名の取り方教えます」。ラウンジデビューしたのも束の間、次のハードルが「指名」です。いくら楽に働けるという会員制ラウンジでも、指名を全く取らないと出勤調整の対象なってしまうかもしれません。

 

そんな不安を払拭してくれる今回の寄稿者はラウンジ経験者のみよんさん。みよんさんなりの指名を取るコツを伝授してくれています。なかなか指名を取れず苦戦しているラウンジ初心者の女の子必見の内容になっておりますので、是非ご覧ください!

 

 

 

 



 

会員制ラウンジ未経験の女の子にアドバイス!指名の取り方教えます


素敵な男性から指名されたいですよね
 


ラウンジやキャバクラには、必ずと言っていいほど指名制度があります。

「完全ノルマなし」「永久時給」を謳っているお店だとしても、指名を全く取らないと出勤調整の対象になってしまったり、やる気がない子だと思われてしまうかもしれません。

この記事では、指名が取れるようになるコツをこっそり伝授するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


 

1. まずは場内指名を取ろう


過剰な営業や特別なことをしなくても、タイミングとツボさえ押さえれば場内指名は簡単に取れます!

フリーについたお客さんとお話しする中で、相手の方が被せ気味に質問をしてきたり、話が盛り上がってるな〜と手応えを感じたら、抜かれる時に「え〜もっと話したかった…」と大げさに残念がってみてください。あなたにハマりかけてるお客さんであれば、「じゃあ指名するよ!」とそのまま場内指名をしてくれるはず。

 

2. 指名してくれそうなお客さんを見極めよう

 

もちろん団体で来ていて指名NGとか、お金がなくて指名できないなんてお客さんもいると思いますが、そういう方はスルーしてOK。たまに「また今度指名するから」と連絡先だけ聞いてくるお客さんもいますが、その場合次に繋げられるかは女の子次第になってくるので、ちょっと難易度高めかもしれません。

とりあえず場内指名をもらったら、「いいの!?ほんとに!?嬉しい!ありがとう♡」と、これまた大げさに喜んでおいてください。そのあとはそれまでのように楽しくお話して、最後に連絡先を交換してバイバイしましょう。

 

3. ラウンジ外デートは次に繋がるチャンス


場内指名はその場のノリとタイミングで取れますが、本指名に繋げるのはなかなか難しいもの。個人的に、キャバクラやクラブのお客さんは年齢層高めで遊び慣れてる人が多かったので、素直にお店に会いに来てくれる方も多かったのですが…。

ラウンジはそれに比べて結構客層が若めなので、店外デートとかに誘ってくる人も多いんですよね。ただこの店外デート、よっぽど生理的に無理な人でなければ「出勤前に1回」だけ付き合ってあげてもいいかもしれません。

 

4. 若い男性は同伴が恥ずかしいということを知る


私も場内指名をもらった人に後日ラインで「ご飯行こうよ!」と誘われて、最初は面倒だな〜と思っていたのですが、出勤前の短時間ならまあいいかと思って1回だけ付き合ったんです。

そうしたら結局、同伴はしてくれなかったんですが、その日に本指名で来店してくれて(笑)どうせなら同伴してくれよ!と思ったんですが、そこで若い男性の中では「店に行くのは別にいいけど同伴は恥ずかしい」という謎の概念があることを知りましたね。

 

5. ラウンジ外で会ったという恩を売るべし


売れっ子キャバ嬢の中には、同伴アフター店外デートの営業を頑張って来店に繋げてる方もいますし、男性は「お店以外で会ってくれた」という事実に恩とか義理を感じて、そのお礼としてお店に来てお金を使ってくれるんだと思います。

わざわざ休みの日に時間を作れとは言いませんが、本指名が欲しい女の子は、出勤前の1.2時間を少しだけお客さんに割いてみてもいいかもしれませんね。
もしダルかったら「出勤時間だから!」って逃げればいいし、「もうちょっと一緒に飲みたい!」と伝えれば同伴してくれるかもしれませんし。本指名は、こんな風に自分の許容範囲内でちょっとお客さんに割く時間を増やすと、上がる確率が高いです♡

 

筆者:みよん

 

編集後記

あれはまだ20代の頃、りんちゃんというラウンジ嬢にぞっこんの時期がありまして。誕生日のお祝いをしてくれたお礼に初めて同伴したんですが、その恥ずかしこと恥ずかしいこと。

あれ何なんでしょうね?多分同伴ってなると、その女の子にどっぷりハマってる感が出てて、それをラウンジの人とか女の子に悟られるのが恥ずかしいんじゃないかと思います。「うわー、あいつ同伴なんてしちゃってるよ。りんちゃんにそんなハマっちゃってるのねー。へーへー」ってな感じで。

「いや、違うんですよ!りんちゃんにお願いされて仕方なく来ちゃっただけですよ!ほんとは好きでもなんでもないし!っていうのは嘘です!好きですりんちゃん!付き合ってー!」なんていうどうでもいい言い訳を心の中でしてる器の小さいわたくしでございました。もっと舘ひろしのような大きな男になりたいなー