【歌舞伎町】女の子におすすめな新宿エリアの住み心地を解説!

 



FAstyleではラウンジで働いている女の子に文章を委託する「FAW Project」をスタートしました。空いている時間にアナタの体験談を文章にしませんか?FAstyleでは女の子のリアルな体験談を募集中です!

 

今回の内容は、「【歌舞伎町】女の子におすすめな新宿エリアの住み心地を解説!」です。

 

新宿エリアというと遊びに行く場所であったり、もしくはナイトワークで働いている女の子などからすると「働く場所」という印象が強く「住む」というには適していないのではないかと思われています。

ですが実際に住んで方に話を聞くと住み心地が良く、今までのイメージが良い意味で崩れるようです。

今回の寄稿者は現役キャバ嬢の「もも」さん。彼女は長年新宿に住んでみてその住みやすさやおすすめスポットなどを詳細に語ってくれました!

 

 

 



 

【歌舞伎町】女の子におすすめな新宿エリアの住み心地を解説!

 
新宿はおすすめスポットです
 
10年新宿に住んでいる私が教える歌舞伎町の女の子におすすめ!な新宿エリアに住むススメ

私は歌舞伎町で飲むのが大好きで、好きが高じて大学時代は歌舞伎町で働いていたためずっと新宿に住んでいます。

今回は10年新宿エリアに住んでいる私が新宿の中でもオススメのエリアやオススメする理由を書いていきます。

 


 

1.買い物に便利!デパートがたくさんある



東京は日本の中では買い物・美味しいご飯やさん・新しいスポットなど何でも手に入る場所だと思います。

その中でも新宿はトップ3に入る「何でも手に入る」エリアではないでしょうか?

まず、伊勢丹・マルイ・ルミネ・高島屋など若い子向け〜シニアにも愛されるデパート全てが揃っています。

水商売をする上で、自分の買い物をしたいときはもちろん、お客様にプレゼントをしないといけない時も家チカで全て済むため楽チンです。

デパート以外にも、エステやネイルサロンも24時間営業のお店も歌舞伎町にはあったり、ジムや大型書籍店など何でもあり、必要なものがすぐ買えます。

 

2.タクシー代が浮く!移動時間減少




人と集まる時でもこちらが新宿に住んでいると他の人も新宿に来てくれることが多いので、新宿で働いていればほぼ新宿の外に出なくて済むようになります。

また大学や職場が都内都心エリアだった場合新宿大体移動時間が30分以内で済むようになるでしょう。

ただデメリットは新宿に住むと、例えば隣接エリアである渋谷・池袋・六本木・赤坂・中野に行く際、電車で行くと徒歩も含めると30分近くかかってしまったりしますが、タクシーでドアtoドアすれば、大体15分くらいで到着するので電車に乗るのがバカバカしくなり、タクシー魔になる人が続出してしまうことです。

タクシーに月○○円使ってる!?なんて人もザラです。

その末期症状は歌舞伎町の中の移動すらタクシーに乗ることです。

ただ私の計測では、新宿から池袋・渋谷・六本木・西麻布・青山・中野・銀座・上野・三軒茶屋・原宿等の遊びに行くエリアはどこもタクシーで片道3000円以下〜3000円前後です。

3000円くらいだと「タクシー乗っちゃえー!」ってなりますよね(笑)。

色々な場所に行く人にも新宿はオススメです。

 

3.西新宿エリアに高級シティーホテルもある

 


西新宿エリアに行くとヒルトンやパークハイアットや京王プラザホテルなど、高級シティーホテルもたくさんあります。

高級シティーホテルには素敵なご飯屋さんや高級バーもあり、とてもきれいな景色を見ることもできます。

自分の住んでいるエリアで高級な気分も味わえていいですよね。

新宿で働いている人なら1度同伴でお客様に連れて行ってもらってはいかがですか?

 

4.新宿エリア住むならどこがいい?メリットとデメリット




・北新宿エリア

大学時代中央線を使っていたので新宿駅もギリギリ歩けるけど、大久保周辺に住んでいる時期もありました。

北新宿エリアである大久保駅周辺に住むメリットは、歌舞伎町を大久保側で出てすぐの職安通り沿いに激安スーパーや肉のハナマサや大きいドンキホーテがあり、歌舞伎町で働いた帰り道に安く食材や日用品を買い物することができます。

そこから距離がある人は、職安通りはタクシーもたくさん止まっているので買い物してすぐ乗れます。

韓国や韓流スターが好きな人は大久保駅周辺は韓国料理屋さんや韓国グッズのお店だらけなのでオススメです。

デメリットは水商売の人や外国人がたくさん住んでいて「民度が低い」と思うことが多々あることです。

ホストの寮も大久保エリアにたくさんあり、毎日昼夜問わずホストが歩いているのも見かけるようになります。

・西新宿エリア

西新宿エリアには特に高級タワーマンションがたくさんあります。

家賃が1K25万くらいの審査の厳しい高級マンションに住むとかなり民度良くなり、特に住○系の高級マンションは賃貸契約ではなく定期借家契約で、住民の居住態度が悪いと簡単に2年後追い出されてしまうので金持ちそうなちゃんとした人しかいなくなります。

でも外資系の会社の外国人が多かったので(外国人は日本人と違ってエレベーターで日常会話を話しかけてきます)日本人の金持ちはそこまで家賃を払うのであれば港区などに住む方が多いのかなーと思いました。

ただ、都庁よりの方だとその路線沿線に勤めていたりしないとタクシー生活必須になってしまうと思います。

でも西新宿はそういうのは関係ない人が住むのでしょう。

新宿中央公園という大きい公園があるので、犬を飼っている人は散歩にも困らないです。

・新宿三丁目、東新宿エリア

私が1番オススメするのは新宿5〜6丁目エリアです。

このエリアは歌舞伎町と新宿二丁目(ゲイバー街)の間でどちらも徒歩5分圏内で仕事も飲みに行くのももちろん伊勢丹やマルイのデパートも徒歩で行かれ、新宿三丁目駅・東新宿駅・新宿御苑・JR新宿駅の全てが利用できます。

この辺にはバス停もたくさんあるので交通費も節約できます。

スーパーもマルエツやイトーヨーカドーやマイバスケットなどがあり、物価も高くありません。

新宿御苑が近くにあるので自然もたくさんあります。

また民度も低くなく、普通の人が多く住んでいるため住みやすいです。

歌舞伎町で働く人は大久保・西新宿エリアはタクシーを毎日使って出勤する人が多いですが、このエリアなら徒歩での出勤も可能です。

デメリットは道が一通が多いことです。

違うエリアで働いて送りを使う方は一通が多いので次の人のことを考えて、近くの大通りでおろしてもらって歩くことが多いかもしれません。

でも港区エリアで働くと送りは大体1番最初になるのでラッキーでした。


以上が10年新宿に住んでいる私が教える新宿のオススメポイントでした。​

 



 

編集後記


いかがでしたか?

眠らない町「新宿」とはよく言われていますが、心休める場所はあるようですね!

後どうしても治安が悪いと印象がつきものですが、新宿でも場所を選べば安心して暮らせそうですね!

どうせ新宿で働くのであれば、家から職場までの距離が近くのほうが楽なので候補に入れるのはありですよね!