【前編】清楚系なラウンジ嬢のナチュラルメイクに極意あり!夜ウケするメイクをご紹介!

 



FAstyleではラウンジで働いている女の子に文章を委託する「FAW Project」をスタートしました。空いている時間にアナタの体験談を文章にしませんか?FAstyleでは女の子のリアルな体験談を募集中です!

 

今回の内容は、「清楚系なラウンジ嬢のナチュラルメイクに極意あり!夜ウケするメイクをご紹介!」。夜のお仕事のメイクというと、結構派手なイメージがありますが、そういったメイクが似合わないとお思いの女性の方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

今回の寄稿者はラウンジ経験者のグリコさん。ナチュラルメイクを極めたと豪語しているグリコさんが、前後編に亘ってそのメイク術を紹介してくれました。この記事を読んで、あなたも清楚系女子デビューしちゃいましょう!

 

 

 

 



 

【前編】清楚系なラウンジ嬢のナチュラルメイクに極意あり!夜ウケするメイクをご紹介!


清楚な女性は好まれます
 
こんにちは、グリコです。ナチュラルメイクを極めてきたわたしの、ラウンジやキャバクラで稼ぐ為の夜用メイクを紹介します。男性が離さない、あと引く系女子になるための極意を伝授しちゃいます。

至近距離で話すとき、濃いメイクは逆効果のことも。

なぜなら、空き(すき)を与えることはもっとも大切なことだから!

昼間の光と、夜の照明を活かしたメイクとでは異なります。

薄いメイクだけがナチュラルではありません。ナチュラルメイクは仕込む!がカギ。

 


 

1.あなたの顔のチャームポイントはどこ?

 

仕込むといっても引き算も重要なのがナチュラルメイク。あくまで、素材を活かします。

あなたの気に入っているパーツはどこでしょうか。スッとした目?はっきりした眉?きめ細かい肌、、、?

その前に質問です。

自分が盛れてる!と思った写真も、友達に「え、全然。こっちの写真の方が盛れてるじゃん」なんて言われた経験、ありませんか?(笑)

人からの印象と自分のとでは、案外ちがうもの。一歩下がって、顔を観察してみましょう。コンプレックスが意外と強みだった!なんてことあるかも。

雑誌やYouTubeのメイクの真似を一度取り払って、自分の顔を観察してみる。これがナチュラルメイク成功への第一歩です。

 

2.メイクで強調したいところ

 

相手が男性なら、うるうる目力と、生っぽい蒸気はだ・唇を作り込むのは必須です。わたしは、この3つがパッと目に入りやすいところだと思っています。

昔から、目はものを語り、唇は顔で一番官能的な部分で、肌は健康を表すと言われていますよね。男性にアピールするなら、ここをナチュラルに強調しながら、仕込むことが大切。

極め付けが、表情豊かでいれば、釘付けです。あっ、グリコ的には、ずっとキメ顔でいるのはおすすめしません。"空き"が大切だからです。

 

3.蒸気肌

 

もちろん、ファンデーションが薄いに越したことはありません。でも、色々なものを隠したいときもあります。厚塗りをしても、チークで素肌っぽく見せることができます。

まず、パーソナルカラーのファンデーションやコンシーラーで、ベースメイクを仕上げます。つやっぽいファンデーションを使うなら、鼻周りとおでこは粉で抑えましょう。

次に、チークはクリームチークかリップを。色は、ピンクよりも蒸気肌を演出する赤っぽい色がおすすめ。

鼻の付け根から少し下、鼻骨のサイドからほっぺにかけて、鼻骨の角度を意識して少しずつのせていきます。鼻が高く見える+日焼けっぽくみえて、健康な素肌メイクに。

ほっぺの広範囲には色が強くでやすいクリームチークではなく、うすい色のピンクよりのパウダーチークをうっすらのせて。横に塗るか縦か、はたまた斜めかはあなたの見せたい骨格にあわせて。

夜の照明でツヤ肌に見せるハイライトは、ほっぺの上の方と、鼻筋、おでこの中心ではなくサイドに、ふんわりとのせよう。

 

4.生っぽい唇

 

マットな口紅、グロスでテカテカは、実はどれも男性ウケがよくないもの。至近距離であればあるほど、、。

キスしたくなるような唇を意識しましょう。

色は、血色のいい赤リップか、パーソナルカラーのピンク。

あくまで透け感を意識して、薄く色付く程度にのせて。特に赤リップはマットに塗り込まないよう気をつけましょう。すぐに落ちないよう、一旦ティッシュオフして、また薄くのせます。

流行りのピンクブラウンなどの暗めの色は、女子会にとっておいて。

口紅を塗ったら、オーバーに上唇と下唇をすり合わせましょう。もしくは、事前にリップライナーを引いておきましょう。ぼかすのを忘れずに。

唇を自然に強調することが、モテの鍵です。

潤いが足りなければ、グロスかバームをうっすらのせよう。上唇の富士山に、パールをちょこんとのせて。

まるで何も塗ってないかのような、ほどよく濡れた生っぽい唇の完成。

 

 

筆者:グリコ

 

【後編】清楚系なラウンジ嬢のナチュラルメイクに極意あり!夜ウケするメイクをご紹介!

 



 

編集後記


女性の唇に目が行っちゃうなんて男性も多いとは思いますが、わたくしもその中の1人。

ぽってりとしたちょっと厚めの唇が好みでして、そんな唇をしている女性を見ると、とてもセクシーな印象を受けます。

そう、それはまさに石原さとみ!

あの唇でわたくしの唇を一度奪われてみたいものです(泣)