【恋愛裏技】今から使える男性を絶対落とせるキラーワード

 



FAstyleではラウンジで働いている女の子に文章を委託する「FAW Project」をスタートしました。空いている時間にアナタの体験談を文章にしませんか?FAstyleでは女の子のリアルな体験談を募集中です!

 

今回の内容は、「【恋愛裏技】今日から使える意中の男性を絶対落とせるキラーワード 」です。

 

簡単に言ったら、好きな人を落とせる魔法の言葉です。

魔法というと嘘くさく聞こえますが、あるんですよ(笑)

今回の寄稿者は「あんな」さん。男の人を簡単に落とせるキラーワードを紹介してもらいました。

 

 

 



 

【恋愛裏技】今日から使える意中の男性を絶対落とせるキラーワード

 
これを言われたら男性はたまりません

 
気になる男の人がいたりしたらやっぱりアプローチ掛けたくなりますよね?

でもどんな言葉を伝えたら気持ちに気づいてくれるのかわからないと思います。

今回はそんな人にとっておきの言葉を教えちゃいます。

 


 

1.こんなの初めて!



笑顔で、いつもより少し高い声で、「こんなに楽しいデート初めて♪」と言ってみてください。

男性はコロっと落ちてしまいます。

嬉しさや感謝を素直に表せる。それは、女性にとって自分が「特別である」という認識を与えるからです。

 

2.もし私とA君が付き合ったら、みんなびっくりするかな?



ここでポイントとなるのは、相手の名前を入れてあげることです。

それから、上目遣いでじっと目を見て言ってあげることがコツです。

男性は、一緒になにかをするということに興奮を覚えます。

その上、それが回りには秘密の、2人だけの隠し事となると、さらに燃えます。

一緒にいることで現実を忘れさせてくれるような小悪魔な女性に、男性は惹かれます。


3.「あなたがキスしたいっていうなら、いいよ」

 


キスしたあとは、「ずっとしたかったの」なんていうと、恥じらいから我慢をしていたかわいい女の子に映ります♪

男性が主導権を持っているようで、女性の感情に振り回される恋。

男性は獲物を追うのを楽しむ性質があり、振り回されるとハマります。

かけひきして謎な女になり、届きそうで届かない女を演じるのが小悪魔です。


 
 

4.「あなただから頼めるの」

 


頼みごとをすると、頼られていると感じて男性は喜びます。

悩み相談でも、男性の得意な分野に対する質問でもかまいません。

人は誰しも、誰かに何かをしてあげることで満足感を得ます。

「わがままかな?」などと遠慮しながらお願いするのもポイント。

その満足感を満たしてあげるように、うまくお願いのできるのが小悪魔です。

頼みを引き受けてくれたときは、「頼りになるね!」と褒めてあげましょう。


 
 

5.「うんうん」「そうなんだ、すごいね」「おもしろい」

 


小悪魔は、自分のことはあまり話さず、聞き役に徹します。

聞き上手の人とは、具体的にどういった人でしょうか?

それは、相手のことを褒めることができて、かつ、上手に相槌を打てる人。

そして、オウム返しも効果的です。

例:男性「3つの会社を経営してるんだ」

例:あなた「3つの会社を経営しているんですね、すごいですね」

のようにです。


男性とのデートでは、あなたへの興味からたくさん質問をしてきたり、話がとぎれないようにがんばって何を聞こうか考えてくれている男性は多いです。

そんな中でも、男性は、話を聞いてくれる女に夢中になります。

「そんなことないよ」などと反論してはいけません。

必ず味方でいてくれて、男性を立て男性に自信を持たせることができるのがモテる女子です。

 
 

6.(帰り際に)「帰りたくなくなっちゃった」



男性の袖をひっぱって、帰りたくなくなっちゃった、と甘えてください。

それからお別れの際は満面の笑顔で手を振ってください。

ここでは、年上の相手でもタメ語を使って、今日一番のかわいさで「さよなら」をいってください。

別れ際にぶりっこをしてため語を使う分には生意気さがでません。

急にため語で話されると男性は急速に距離が縮まったような気がして、ドキっとします。


いかがでしたでしょうか?

あくまで『天然な小悪魔』でいることで、愛されキャラを保ちつつモテ女になれます♪

ためしてみてくださいね。


 

 

編集後記

あざとい女の子が増えてきてこれに似たような言葉は増えてきてます。

女の子側からすればなんだこの子と思うような言葉ですが男性側からするとたまりません。

今回上げたリストは、プライベートのみならず会員制ラウンジなどの仕事上で使うのも効果的です。


ちなみに私はこんな言葉を言われたら即指名ですね!(笑)