【解説】ラウンジ受けする清楚系女子の立ち振るまい偏

 



FAstyleではラウンジで働いている女の子に文章を委託する「FAW Project」をスタートしました。空いている時間にアナタの体験談を文章にしませんか?FAstyleでは女の子のリアルな体験談を募集中です!

 

今回の内容は、「ラウンジ受けする清楚系女子の立ち振るまい偏」。見た目が清楚な女性でも、しぐさや話し方でがっかりすることってありますよね?見た目がいいだけに、とても残念なことです。

 

今回の寄稿者はラウンジ経験者のグリコさん。男性からがっかりされないよう清楚系女子の立ち振る舞いをみっちり指導してくれました。この記事を読んで、明日からあなたも清楚系女子デビューです!

 

 

 

 



 

【解説】ラウンジ受けする清楚系女子の立ち振るまい偏


清楚な可憐な女性を目指しましょう
 
こんにちは、グリコです。

突然ですが、いつでもどこでも絶対の、清楚系女子の需要ってありますよね。

ラウンジの雰囲気にもよりますが、基本的にピュアな印象の女の子は、目を引きます。

夜のイメージとのギャップに、グッとくるお客さんも多いみたい。

特に、しぐさや話し方はにじみ出るもの。長く愛される清楚系女子になるための秘訣を、一緒に研究してみましょう。

グリコの、長年の清楚系研究の極意、ここにあり。

 


 

1.清楚系とは

 

清潔感の文字なしには、清楚は語れません。

一般的には、きれいな肌、つやつやな髪、清潔な服に、整った身だしなみなどがあげられますよね。そして他に、姿勢やしぐさ、笑い方や話し方などで、清楚を演出することもできます。

清潔感も保たなきゃいけないし、なんだかやることが多いような、、、。

内側からにじみ出てしまう綺麗なしぐさは、どんな場面でも身につけておいて損はありません。年齢を重ねるほど、得なことしかないはずです!

 

2.ラウンジで求められる清楚系女子

 

清楚系女子の普遍的なイメージはさておき。まずは、私が思う、ラウンジでお客さんにウケがよい二種類の清楚系を紹介します。

それは、石原さとみさんタイプと、新垣結衣さんタイプ。(ドラマのキャラクターの印象)

ラウンジでは、この二種類どちらの清楚系女子もモテる印象。

具体的には、、石原さとみさんは、相手役に翻弄されて、コロコロ表情がかわるイメージ。一生懸命さが伝わるタイプ。

新垣結衣さんは、大人しそうにみえて、実はどっしり自分を持っているイメージ。影で頑張っているタイプ。

ラウンジは基本的に、落ち着いてお客さんとお話できるところ。ですが、お客さんにリードばかりしてもらっていては退屈させてしまいます。

ウケを良くしたいなら、清楚系女子でも楽しませようとする一生懸命な心がけは大切です。

ただし例外も。

これぞまれに見る、新垣結衣さんタイプです。そこまで男性を気遣うそぶりを見せずとも、男性が追いかけたくなる、生粋のマドンナ。

気取っている訳ではなく、ピュアな笑顔はときどき見せる。でも絶対に流されない、なぜだか男性が気軽に絡めない高嶺の花っていますよね。「汚しちゃいけない」と思われるというか、、、天才タイプかなと思います。(笑)

あなたはどちらのタイプでしょうか?

私は、ふつう、一生懸命かつ感性豊かに見える、いわゆる石原さとみさんタイプを研究した方が男性ウケへの近道のような気もします。

何もせずとも高嶺の花でいられるのは、天才だと思うからです。

プロなトークは必要ありません。素人っぽい雰囲気も大切です。

洗練されていなくても、あなたの話、あなたに興味があります!という意思表示は伝わるし、誰でも嬉しいものです。

何度もいうように、しぐさや姿勢は、普段のあなたがにじみ出るもの。ラウンジでは、全てを最初から頑張りすぎず、まずは日常生活に少しずつ加えていく。

それでは、具体的なところを見ていきましょう。



 

3.話し方

 

私のイメージする清楚な人の話し方は、共通して語尾がきれいで、若者言葉を使いすぎない人。

話す内容はいつも、誰も傷つけないトークです。自分が素敵だなと思う、周りの、もしくはメディアなどの清楚な子の、ふだんの話し方を研究してみるのもいいかもしれません。

小さすぎる声はあまり好ましくありません。先にも言ったように、受け身すぎる女の子は、日々の疲れを癒しにお金を払って来ているお客さんからしてみれば、"面倒くさい"と思われても仕方ありません。

ハキハキしていながらも、ピュアな印象は与えられます。グループだったら、自分から会話に入っていこうとする思い切りが大切。

最初は意識すると固くなってしまって、自分らしくなくなることも。少しずつ慣れてから、ラウンジでも取り入れてみて。

あくまでお客さんの前では、固くなるより"楽しく"が優先です。

 

4.表情

 

きちんと相手の話を聞きながら、リアクションを表情でも見せましょう。

清楚系だからといって、能面のようにずっと微笑んでいるだけというのは飽きます。石原さとみさんタイプなら、リアクションは素直に表現。

この時、相手の目を見つめすぎてもわざとらしくなるので、あくまであなたが"本気で楽しんでいる"ことを忘れないで。

間違ってもこびを売っているのではなく、私が楽しいからここにいる、という主体的なイメージです。

大笑いするときは、手を口に当てるだけで印象は格上げ。思い切り歯を出して笑うのもいいですが、誰も人の口の中すべてを見たくないですよね。(笑)

楽しくても手を当てるという普段からの気遣いが、グッと上品さを増すと思います。

 

5.しぐさ

 

残念ながら、まだまだ女性が大股をひらいて座ることは基本的に好ましく思われない時代。ラウンジでは、座る時は意識をして膝と膝をくっつけましょう。

自分が思っているよりも、前の席にいる人の目線からはひらいて見えます。エチケットとして、特にスカートのときは気をつけて。

背筋は腹筋で伸ばしましょう。

肩に力が入りすぎていると、緊張・真面目な印象を与えてしまいます。"見た目にはリラックス"を忘れずに、主に腹筋と、肩甲骨から下の背筋で支えて。

背筋が伸びていると、首は長くなり、腰はくびれて、顎のラインも美しく見えます。

背筋が綺麗というのは、本当にそれだけで上品に、色っぽく見えるので、ラウンジにスペシャルな女の子を求めにくるお客さんにアピールできるはず。

お育ちはよく見えて、損はなし。

とはいえ!

膝を合わせてせすじピンッ、、、?

ここから微動だにしない人もいますが、退屈しているイメージを与えてしまうことも!

話のテンポや内容によって、上半身を背もたれに預けてみたり、手や表情をうまく使いましょう。

男性は揺れるものに目を奪われるといいます。捉えどころなく、無邪気に自分の話にリアクションをしてくれる女の子は純粋に見えるし、100%モテます。まさに、石原さとみさんタイプ、、。



いかがでしたか?

グリコの日々の観察から、こまか〜くレクチャーさせていただきましたが、、、要するに、ガサツになりすぎないこと・お客さんを本気で楽しい人だと思い込むこと。

この2つを意識してみるのが鍵かもしれません。

あなたらしい清楚系で、お客さんのハートを掴んじゃいましょう!

 

 

筆者:グリコ

 



 

編集後記


「女性はこうあるべき」という理想を男性は持っていますが、その理想から外れてしまうと、途端にその女性から興味が無くなってしまうものです。

かくいうわたくしは、どんだけキレイな女性でも言葉遣いが汚いとがくーんと興味が無くなってしまいます。

キレイなものが途端に汚いものになったような。非常にもったいない!!

女性に限らずですが、言葉遣いが汚くていいことなんて1つもないから、自分がどういう言葉遣いか改めて確認してみてくださいませませ~。