【禁止】初デートで失敗しない、今日から実践できる7つのNG

 



FAstyleではラウンジで働いている女の子に文章を委託する「FAW Project」をスタートしました。空いている時間にアナタの体験談を文章にしませんか?FAstyleでは女の子のリアルな体験談を募集中です!

 

今回の内容は、「【禁止】初デートで失敗しない、今日から実践できる7つのNG 」です。

初デートに正解がないので何をしたらいいのかわからないとは思いますが不正解はあります。

まずは100点を狙いすぎず、無難にデートをこなしたいですよね。

今回の寄稿者は「あんな」さん。初デートの時にしてはいけないNG集を紹介してもらいました。

 

 

 



 

【禁止】初デートで失敗しない、今日から実践できる7つのNG

 
意外とやってるかもしれませんよ

 
婚活女子の皆さん、初デートは取り付けるものの、2回目以降が続かないなんてことありませんか?私もその一人でした。度重なるデート後のお断りメールを基に自己分析を重ね、自分のダメだったところを振り返ってみました・・・。

そして、これから紹介する7つを直すと、1回目のデートが終わる前、食事の最中に!自然と2回目以降のデートに誘われるようになり、気づかないうちにモテ子になりました。

今日はそんな7つの秘訣を教えちゃいます。

 


 

1.気配りができない



もちろん仲よくなったあとや、何度かデートを重ねたときは別ですが、初デートはまだ”配慮”や”遠慮”が必要な段階です。

ここで気配りができないと、「気配りのできない女性」というイメージをもたれてしまいます。

たとえば、「何を食べに行こうか?」と聞かれたとき。

「焼肉が食べたい!おごって!」という言い方は控えて、一歩下がり、「焼肉が食べれたら嬉しいな」という言い方をすると、配慮のできる女性に聞こえます。



また、「仕事で忙しいのに時間を作ってくれてありがとう」と言える女性は、配慮のできる優しい女性の印象を与えます。

高度なところでいうと、身だしなみが乱れていたらそっと直してあげることができれば、男性をドキッとさせることができます。

 

2.言葉遣いが汚い



「うざい」「ちがくね?」「はあ?」「うまー」「まじで」。

これらの言葉が口癖になっていませんか?

言葉遣いの汚い女性はだらしがない印象を与えてしまいます。

だらしがない印象を与えてしまうと、彼女候補ではなく、遊び相手として見られてしまうかもしれません。

初デートでは少し普段の自分をしまって上品な女の子でいるように心がけましょう。

 


3.食べ方が汚い

 


また、食事の仕方も、男性はよく見ています。

ピザを食べて汚れた手をそのままにしていたり、歯にのりをつけたままにしていたり。

男性は親切に指摘してくれませんが、心の中であなたに×印をつけてしまうかもしれません。

米粒を残すのも印象が悪いといわれていますね。

そういったことを防ぐためにも、初デートでは手が汚れるもの(カニ)や、歯によごれがつきやすいもの(ごま、のり系)、口が汚れるもの(あげもの、カレー)、食べづらいもの(ハンバーガー)は控えるようにしましょう。

 
 

4.ボディタッチが激しい

 


ボディタッチは男性の心をドキッとさせます。

太ももの内側や腕などは男性の感じやすい場所といわれており、さりげなく触るのは効果的です。

しかし、激しいボディタッチは、軽い女性という印象を与えてしまい、彼女候補からはずされてしまいかねません。

誰も、たくさんの男性にしっぽを振ってついていくような、尻軽の女性を本命の彼女にしたいとは思いませんよね。

そのためにも、初デートのボディタッチはちょっとだけに控えてください。

1度だけ背中や腕におっぱいを当ててみる。

もしくは、もー!といって軽く胸板をボディタッチ。その程度がベストです。


 
 

5.下を見てる、ブスっとしている

 


初デートは緊張するもの。

男性は相手に好意があると相手の顔を見て話をし、女性は相手に好意があると緊張して相手の顔を見て話ができないといわれています。

そのため、相手の顔を見ることも難しいですし、笑顔を作るのも難しいかもしれません。



しかし、男性は下ばかり見ている女性の様子を、デートを楽しんでいないんだなと思ってしまいます。

また、リアクションが薄く、ブスっとしていることで自信のない暗くてネガティブな女性に見えてしまいます。



男性が彼女に求めるもの。

それは、ほっと安心できる存在、「癒し」です。

ポジティブで明るい女性としてふるまうことで、男性に「彼女にしたいなあ」と思われる存在になってください。


 
 

6.返信を急かすのはNG



初デートは緊張するもの。

男性は相手に好意があると相手の顔を見て話をし、女性は相手に好意があると緊張して相手の顔を見て話ができないといわれています。

そのため、相手の顔を見ることも難しいですし、笑顔を作るのも難しいかもしれません。

しかし、男性は下ばかり見ている女性の様子を、デートを楽しんでいないんだなと思ってしまいます。

また、リアクションが薄く、ブスっとしていることで自信のない暗くてネガティブな女性に見えてしまいます。


男性が彼女に求めるもの。

それは、ほっと安心できる存在、「癒し」です。

ポジティブで明るい女性としてふるまうことで、男性に「彼女にしたいなあ」と思われる存在になってください。

 

7.話題を考えず、話したいことを話す



初デートは、面接のようなものです。

自分の全てを正直にさらけ出すことで採用されないような気がするなら、さらけ出さないでください。

大前提として大声で話すのももちろんNGですが、初デートにはタブーとなる話題というものもあります。

愚痴、必要のないアドバイス、そして元彼の話です。

女性は、元カノがどういう子だったか知りたいという人も多いですが、女性が「彼の最後の女になりたい」のと反対に、男性は「彼女の最初の男」になりたいものです。

元彼の話なんて聞きたくありません。

新しい恋が始まろうとしているときに、過去の惨事なんて聞きたくありません。

男性が積極的に聞いてくる場合を除き、元彼の話は避けてください。


いかがでしたでしょうか?

みなさんの幸せをお祈りしています。


 

 

編集後記

読んでみての感想は「確かにこれはだめだな!」というものばかりでした。

僕が経験したもので言うと、ボディータッチが多い人でしたね。

嫌というわけではないんですけど、何か馴れ馴れしいなって思ってしまってちょっと引いちゃいました。


確かに嬉しかったんですよ(笑)

ただあと1回デートしてからにしてほしかったです。