《前編》お客様が豹変!私を好きになってしまったお客様の操縦方法

夜職の営業法をおさらい!まずは「色恋」「飲みキャラ」「友達営業」の特徴、やり方を見てみよう!

 

今回の内容は、「夜職の営業でオススメは色恋・飲みキャラ?それとも…」です。

会員制ラウンジやキャバクラで働く際いろいろな営業法がありますが、一撃を望むなら「色恋営業」というのが一番稼ぎやすいです。

ですが、所詮はお店の中や給与を伸ばすための営業法で、慣れているお客様もそれを分かって利用されている方もいますが、そうでない方もいます。

もし実際にラウンジやキャバクラの面接とか体験入店で「彼氏がいるのにお客さんが私のことを好きになってしまった時」のことを考えると頭がパニックですよね!


今回の寄稿者の「もも」さんそんな「私を好きになってしまったお客様の操縦方法」について解説をしてます。

今回の前編でまずそこまでに至る理由である営業方法について説明してくれました。

 
 

◆目次◆

1. 色恋営業とは
2. 飲みキャラは年齢と共にキツくなる
3. 友営の良いところ
 
 
 

夜職にはどんな営業がある?あなたにピッタリな方法はこの中に!

 営業方法のいろいろありますね
 

水商売をやる女の子には2つのタイプの女の子しかいません。

色恋ができる女の子できない女の子

私は【色恋ができない側の女】です。

でも長年水商売をしています。

今回は色恋営業が不得意な女の子向けに色恋営業でのお客様の操縦方法について書きたいと思います。

 
 

1.色恋営業とは


色恋営業はお客さんを恋愛的に自分を好きにさせて(相手の片思いに近い状態)お店に通わせる営業方法です。

色恋営業がもっと強めになると「本営」と言い、

本当に相手に付き合っていると思わせてお店で大金を遣わせる営業方法になります。

これは多くのお客さんに行うのではなく、かなりたくさんお金を遣うお客さん(少数)に対して行われることが多いです。

色恋・本営客は3ヶ月サイクルで切れると昔からよく言われ、実際それだけ頑張って成就できないと次の女の子を探す人が多いです。

色恋を割り切っている遊び慣れたお客さんはその場での軽い色恋トークで済むのですが、

こちらにガチ恋の色恋客は普通に水商売の女の子に恋愛しているので、

最低限、【同伴→店や店→アフター】の移動の時に手を繋いだり、帰りにキスを求めてくる人が多いです。

これができる人は色恋営業向きだと思いますが、いやいや手を繋いでいたりすると必ず相手に伝わるので、気をつけましょう。

 
 

2.飲みキャラは年齢と共にキツくなる


私は好きでもない人に「好き」と言ったり手を繋いだりキスをしたりするのがストレスなので、

結局はお客さんへの営業スタイルのメインは友達のように接する友営がメインになります。

最初からこちらからは友営しか仕掛けないようにして色恋はなるべく回避しようとしますが、この営業方法の女の子は飲みキャラになりがちです。

しかし、アラサーになると飲みキャラがめちゃくちゃきつくなってきます。

そして飲まずにニコニコしているだけで指名が取れてる女の子が羨ましくなってきます。

こっちはそんな女の子が飲めないチャンスボトルを空け続けて生きていましたw

 
 

3.友営の良いところ


友営の良いところは、一発逆転バーンと売上は上がりにくいですが、細く長く続くことです。

月100万円遣うお客様3人より、月10万のお客様30人の方がお客様も自分が細客な自覚があって多くを女の子に求めてこなくて楽なのです。

あ、お金を遣わないのに多くを求めてくるお客様は論外ですがw

ただ、ほとんどの友営のお客さんが色恋のお客さんと違ってたまにしか会わないので、私が何歳になったかもあやふやになり、なぜか私だけ時空が歪んで「若いんだから」とやたら飲まされます。

そして私と飲む時は若い頃ワイワイグイグイした記憶を思い出してみんなでパーッと飲んで死ぬんです。

お客様はいいですよね。たまーーにだから。

私の場合これが頻繁だからほぼほぼ死ぬのです。

こんな感じで、水商売初期での飲みキャラ設定は水商売を長く続けていくとどこかで無理が出てくるので、色恋もできる人が今は羨ましいです。


↓後編へ続く↓

 
 
《後編》お客様が豹変!私を好きになってしまったお客様の操縦方法
 

会員制ラウンジのバイト適性診断


 
編集後記
 

前半では夜職の営業方法の種類を紹介してきました。

それぞれの営業法のメリットやデメリットをわかりやすくまとめてありましたね。

後半は気になっている方もいるでしょう。

「色恋営業の詳細」について深堀りしていきます。

     

どこの会員制ラウンジが自分に合うかわからない。そんな時は悩まずLINEで簡単に質問してみましょう!