昔ながらのラウンジの体験入店、要チェックポイント【ラウンジアンテナ】

 



FAstyleではラウンジで働いている女の子に文章を委託する「FAW Project」をスタートしました。空いている時間にアナタの体験談を文章にしませんか?FAstyleでは女の子のリアルな体験談を募集中です!

 

今回の内容は、「昔ながらのラウンジの体験入店、要チェックポイント」です。

経営実績のある会員制ラウンジで働くうえでチェックしておきたいポイントはいくつかあります。

体験入店して思っていたのと違う、というのを防ぐためにも今回の記事は必読でしょう!

今回の寄稿者は元会員制ラウンジ嬢の「ミク」さん。彼女が昔ながらのラウンジでのポイントを書いてくれました。

 

 

 

 



 

昔ながらのラウンジの体験入店で抑え得るべきポイント


ラウンジデビュー前は特に必読です

※このラウンジ体験入店の内容は、ママがいる昔ながらのラウンジのお話をしています。水商売のマナーについて詳しく書いてあるので知っておいて損はない内容です!

ラウンジで働きたいと思ったらすぐに入店ではなく体験入店をする事がお勧めです。お店によってしきたりや働いているキャストが違うので実際に自分と合うのか確かめておくことが重要です。入店してからこんなんじゃなかった!という事のないようにしっかりとお店の雰囲気を見ておきましょう。
 

1.どのエリアのラウンジで働くのか

まず一番初めに大切なのはどのエリアのラウンジで働くのかです。西麻布、銀座、新宿、六本木、恵比寿などそれぞれに雰囲気が異なっています。訪れるお客さんの層も全く違うのでどんなお客さんを接客したいのかも考えておかなければなりません。

ガテン系のお客さんが多いお店やエリートサラリーマンの多いお店。年齢層が高めで社長クラスが来るお店や若いお客さんが多く客単価はそんなに高くないお店もあります。自分自身の働き方として早い時間から終電くらいまで働くのか夜中から朝にかけて働くのかなども絞っておく必要があります。

ラウンジによってはドリンクバックのつく店とつかないお店、同伴ありのお店やそうでないお店もあります。どのように稼いでいきたいのかを明確にしておきましょう。

 

2.体験入店でおさえて欲しい事

体験したいお店が決まったら面接に行きます。清潔感のある服装と髪型を意識しましょう。自分自身が考えている働き方とお店の方針があっているかなども面接の際にしっかり聞いておきましょう。体験入店した際にお店のしきたりを一つ一つ確認していきます。

お客様へのお絞りは誰が持っていくのか。お客様がトイレに立たれたら毎回ついていくのかお席でお待ちするのか、ラウンジでの指名制度やドリンクを頼むときの方法、人を呼ぶときのコールサインなどお店によって違うのでしっかり確認していきましょう。通常の会員制ラウンジですとテーブルマナーはないです!

おしぼりの置き方や、氷の入れ方までお店によって全然違います。
また、お給料の方式も前払いなのか後払いなのか、前払いなら全額もらえるのか全体の80%のシステムなのか。細かくチェックしていく必用があります。

時給は3000円と書いてあったのにひかれるものが多くて実際には時給1000円くらいで働かされていたなんて事もないように給料面の話はしっかり知識を入れましょう。大多数のラウンジは全額日払いなのでここまで見ることもないです!

 

3.キャストとのコミュニケーションがとても大切

※西麻布や恵比寿、六本木などにあるラウンジとはあんまり関係ないお話もひとつ!ママがいるミニクラブ系のラウンジで役に立つお話です!

サポートしてくれるスタッフは話しかけてくれたり指導してくれたりとコミュニケーションをとる事は難しくないと思うのですが、そのお店にどんなキャストが多いのか知っておく必要がります。「今日体験入店させていただきます。〇〇です。」としっかり挨拶をしてそのお店のキャストとお話しするようにしましょう。

「働かれて何年ですか?いろいろと教えて下さい。」といったスタンスで話しかけると相手からも話やすく会話が盛り上がりやすいです。キャストによっては意地悪な人や仲間の仕事を妨害する人、逆に仲間意識が強くて新人をいじめるようなキャストが存在している事もありますので注意していきましょう。

どのラウンジにも重鎮と呼ばれる人がいるのでその人に対して敬意をもって接するようにしましょう。ラウンジは古くからお店についているお客さんやママについているお客さんに対してヘルプとして接客する事が多いのですが、なかには指名制でガンガンお客さんをとっていかなければならないお店もあります。

そういった場合、キャスト同士がぎくしゃくしているところもありますが、指名ポイント制やドリンクバックなどが充実していて稼げるお店が多いです。


 

4.体験入店でもっていくもの

※東京の会員制ラウンジですとタバコに火をつけたり、お酌することやドレスを切ることもないので、知識として文化を知っておきましょう!

体験入店の際は何も持ってこなくていいよと言われる事も多いのですが、ハンカチとライターとドレスを持っていくといいでしょう。お客様のグラスの底を吹くのは自分の持ってきたハンカチであるお店も多いです。

ライターもお店にあるものだと固くてつけるのに手間取ったり、誰が使ったかわからないライターを借りたりする事になるので自身がタバコを吸わなくてもマイライターを所持しましょう。

ドレスに関してもお店に借りられるところもありますが、可愛いものがなかったりドレス料をひかれたり、綺麗に洗えていなくて女性の香水の香りが残っているドレスもあります。

できれば自分のドレスをもっていって着たほうが清潔でしょう。ただ、色被りというものがあって、他のキャストが着用している服と違う色を着なければならないという掟のあるお店もあるので何着かもっていく事もお勧めです。

お店でヘアメイクがつくところもありますがヘアメイクの道具は必ず持っていったほうがいいでしょう。ヘアメイクを自分で行うお店もありますが、お店に専属の人がいないなら近くのヘアサロンで髪の毛をアップしてもらったほうがいいでしょう。

髪の毛の状態で全く印象が違うのでお気に入りの安いヘアサロンを見つけておくことがお勧めです。体験入店の際に終電で帰りたいのになかなか上げてもらえず結局送ってもらう事になってしまう事もあるので時計も身に着けて時間を気にするようにしましょう。


ラウンジの体験入店では、この人と働きたいと思ってもらえるようにコミュニケーションをとる事や働きやすいように持ち物をしっかりチェックして自分らしく挑戦してみてほしいです。


 

 

編集後記


いかがでしたか?

上記でも書いてくださいましたが、東京の会員制ラウンジではこのようなことはあまり見られないことですが、念のためにチェックは必要です。

当サイトでは、詳細なところまで書かれてはありますが、それでも不明な点や疑問点などが出てくると思います。

その為に体験入店に必要な情報を当社のスタッフが揃えていますので是非一度応募をしてみてください!