高級クラブの面接不採用の場合のメンタル対策【ラウンジアンテナ】

 



FAstyleではラウンジで働いている女の子に文章を委託する「FAW Project」をスタートしました。空いている時間にアナタの体験談を文章にしませんか?FAstyleでは女の子のリアルな体験談を募集中です!

 

今回の内容は、「高級クラブの面接不採用の場合のメンタル対策」です。

理想はやはり「ここで働きたい」と思える職場で働くことではあると思います。適当な職場でなんて働きたくないはずです。

ですが全員が採用されるわけではありません。不採用になることもあります。

そういった時メンタルは確実に落ちますし、何なら立ち直るのに時間がかかることもあります。

 

今回の寄稿者は「ミクさん。彼女はクラブホステス経験していますが、第一志望だったクラブに不採用になった経験があります。


その時の彼女のメンタル対策を今回紹介してくれました。
 
 

 



 

高級クラブの面接不採用の場合のメンタル対策


切り替えていきましょう!
  
クラブで働きたい!そう思って受けてみたはいいものの不合格になってしまったという人もいると思います。

働きたいクラブが不合格になってしまった時に落ち込んでしまう事はしょうがないのですが、自分にあったクラブに必ず出会えるのであきらめずに次のラウンジに行く準備をしましょう。
 
 

1.高級クラブにどうして落ちてしまったのか

 

高級クラブに落ちたときに採用担当から落ちた理由を言われる事もありますし、たんに不合格通知がくる事もあります。いずれにせよ、働きたいクラブに落ちてしまったら悲しいとは思いますが、ただそのクラブとあなたが合っていなかっただけとも考えられます。

合わないクラブで働いても長く続きませんし、働いていて辛いかもしれないので落ちてしまってよかったくらいに思う事が大切です。ただ、落ちてしまった原因が不潔であったり話し方であったりした場合は改善していかなければならないです。

それ以外の理由で落ちたならば落ち込む必要はありません。たまたま似たようなキャストが入ってきていて不合格になった可能性もあるのでタイミングが合えば合格していた可能性もおおいにあります。

クラブは日本全国にたくさんあるので落胆せずに次のクラブを探しましょう。

 

2.高級クラブで働くにはメンタルが大切

 

クラブで働くと、気のきついキャストや、文句を言うお客さんもいるので気が弱いと仕事が務まりません。一度落ちてしまったからと言って落ち込んでいるのではラウンジの仕事をする事はできません。クラブで働いていくと不条理に接せられる事もあり、それに対して精神的に対応していく必要があります。そもそもキャストを見下してくるお客様もいるのでお客様には敬意を示しつつ受け流していく必要があります。

全ての事を受け取っていたら精神的に病んでしまう事もあります。

しっかり話を聞く場と話半分で聞いておく場を使い分ける事が必要です。

キャストで気のきつい人がいた場合は、お客様の取り合いで喧嘩になったり、気に入らない事があってドレスをロッカーから床にぶちまけられていたり、気性の荒い喧嘩になる事もあります。もちろん他のキャストに敬意をもってクラブ内での働き方も誰かを不幸にしないように立ち居ふるまえばそういった事はないですが、キャスト同士は気を遣いあっていかなければなりません。

時には、お客さんに「お前ブスだな。」と言われる事もあるかもしれません。お客さんによっては口説き落としたくて凄く褒めてくれる人もいますが、10人と色タイプがあるので褒めてばかりもらえる訳ではありません。

「お前ブスだな。」と言われてお客さんに怒るわけにいきませんし、笑ってごまかすか「ひどい~」と言って対応するしかありません。

メンタルを強化しておかないとこういったお客さんの対応ができなくなります。





 

3.高級クラブ面接で不採用だった時のメンタル対策

 

一番は、合わないクラブに面接にいったから落とされてしまった事が大きいです。自分がどんな高級クラブに合っているのか分析しておく事が必要かもしれません。そして、落ちてしまった事が自分のせいだと思わない事が大切です。

見た目がよくなかったのかな?年齢が老けて見られたのかな?いろいろと考える事はあるかもしれませんが、そもそもご縁があればどんな状況であっても合格します。

お店側も採用する人数が決まっているので人数的に採用できなかったのかもしれません。

銀座の高級クラブで働きたくて採用面接に行ったのに落ちた事がありました。

その後、系列の銀座のクラブから声がかかり、面接にいったクラブの2倍くらいの金額で採用された事がありました。
高級クラブという形態が合わなかったという事もあるかもしれませんので、クラブやガールズバーなど形態を見直してみるのもありかもしれません。

 

 

編集後記

クラブホステスを目指す志望動機は様々あります。

「給与がいいところで働きたい」や「人脈を作って就職活動に活かしたい」など理由が多いですがメディアなどの露出が増え、経験をしてみたいという女の子も増えてきてます。

理由は様々ありますが、やはり不採用になるとショックはでかいです。

ですがそこからもう一度立ち上がり、這い上がれば人としても強くなれるので、何度もチャレンジしてみましょう!

諦めなければ光は見えてきます。