1年前に会員制ラウンジで働いていた経験を告白。私がラウンジを知った理由

 



FAstyleではラウンジで働いている女の子に文章を委託する「FAW Project」をスタートしました。空いている時間にアナタの体験談を文章にしませんか?FAstyleでは女の子のリアルな体験談を募集中です!

 

今回の内容は「1年前に会員制ラウンジで働いていた経験を告白。私がラウンジを知った理由」。今ではラウンジという言葉も知名度が上がってきましたが、未だに謎な人も多いんじゃないでしょうか?ましてや女の子がいるようなお店だと思う人も少ない気がします。

 

今回の寄稿者はラウンジ経験者の今はママ29歳さん。ラウンジを知ったきっかけから、そこで働くまでの経験を詳しく教えてくれました。これからラウンジデビューしたいというそこのあなた!見ておいて損はないですよ!

 

 

 

 



 

1年前に会員制ラウンジで働いていた経験を告白。私がラウンジを知った理由


会員制ラウンジって何?
 

 

1.ラウンジを知ったきっかけ

 

私は1年前に会員制ラウンジで働いていました。その2年前くらいに恵比寿で友達と待ち合わせをしていた時にスカウトの人に声をかけられ、その時に初めて会員制ラウンジの存在を知りました。

"ノルマはなし"
"私服でオッケー"
"髪もセットしなくてオッケー"
"お酒飲めなくてもオッケー"
"週1でもオッケー"
"夜っぽくなくてオッケー"
"お客さんとLINEしなくてもオッケー"
"お酒も作らなくていい"
"時給もいい"
"おいしいものが食べれる"

って聞きました。笑

最初に聞いた時はそんないい話あるかなーって怪しすぎると思って声をかけてもらった方にLINEは教えたものの面接は行きませんでした。

そのあともラウンジのスカウトされててもやることはなく、、、。キャバクラって想像つくけどラウンジって想像つかなかったのもあって。

 

2.彼氏のために稼いであげたい

 

それから2年経って彼氏もいたし昼も働いてたんですけど、彼も格闘技やっていてお金なかったので私が稼いであげたいなって考えてました。

練習毎日朝も夜もやって昼間は働いてて大変そうで、、、。だけど働く時間そんな取れないからいっぱいいっぱいそうで。

だから彼にも欲しいもの買って欲しかったし、少し余裕を持ってほしくて。でも私もやっぱり昼だけだと自分の生活だけでお金なくなっちゃうから余裕なくて、、、。

美味しいもの食べたり、欲しいもの買ったり、お出かけするのにお金は必要!!

だけど、彼に負担かけるのもなーって。

 

3.キャバクラで働くことに

 

手早く稼ぐのなら夜かなって思って働こうって思いました。すっかりラウンジのことは忘れていてキャバクラで働くことにしました。

昼も働いていたので週1.2回だけ。時給も週1.2だとそんなによくありませんでした。

曜日もその週によってだったので、お客さんも週1だと行ったのにいなかったーとか結構あって、、、。

難しいなーって!

やめるのも考えたんですけど、彼との結婚も現実的になってきていたのでやっぱり短いスパンで貯金したい!

結婚するなら式したいし、ハワイに新婚旅行行きたいし、結婚指輪もちゃんとしたのほしいし、、、。ってこれは稼がないとなって。

彼も頑張ってお金貯めてくれていたんですけど、早めに貯めて早めに結婚したかったので。笑じゃないとお金貯まったらってなったらいつになるかわからないって。

私が頑張ろうって!

 

4.初めてのラウンジ

 

どーしようかなーって考えてたときに、お客さんに「ラウンジで働きなよー!チケッツかヴァレラよく行くんだよねー!女の子のレベルも高いし、ここじゃもったいないよ」って言ってもらえてラウンジのことを思い出しました。

でも女の子のレベル高いなら無理じゃないかなって考えてまだ動きません。笑そのあとに他のお客さんとのアフターでラウンジ行くことになってチケッツに連れていってもらいました。

初めて行くラウンジに緊張したんですが、思っていたのと違って、ラフな感じ?がしてキャバクラよりいいなーって思いました。

その時は個室でみんなでカラオケして盛り上がるって感じでお話しするって感じあんまりなかったのかな?

これでお金もらえるのって最高じゃんって思いました(笑)たしかに女の子は可愛かったです。

 

5.その後、ラウンジで働くことに

 

そこからラウンジやろうかなーって考えてたら、ちょうどスカウトの人に声をかけてもらってラウンジの面接行くことにしました!だけどなかなか受からなくて、、、。

そこで加々見さんのFAstyleを見つけて連絡して、面談して行くお店決めて面接受けて、それでヴァレラに受かって働くことになりました!!

結局ヴァレラはあんまり時給とか良くなくて、加々見さんに相談して違うラウンジ行ったんですけど、(もうなくなっちゃった)

そこでは結構稼げたので貯金もできてめでたく結婚式も新婚旅行も行くことができました!



ただ「お金欲しいな」くらいだったら、たぶんキャバクラであんまりだったから次また違うところで働こうとは思わなかったけど、結婚式や新婚旅行のために貯めたいって思えたから違うスタイルで働く場所を探せました!

そして私の働き方的にキャバクラより会員制ラウンジの方が稼げたので変えてよかったなって思いました。

 

 

筆者:今はママ29歳

 



 

編集後記


初めて会員制ラウンジという言葉を聞いたのが10年ほど前でしょうか。わたくしは、「お金を持ったおじさんおばさんが集うルノアールのようなお店」という見当違いな想像をしておりました。

蓋を開けてみると、そこにはおばさんなんてとんでもない!美という言葉がぴったりのかわいい女の子ばかり!テンションが一気に富士山の頂上を越え、マッターホルンくらいまで上がったのを今でも覚えております。

ほんと誰が会員制ラウンジなんて考えたんでしょうね?どこの誰だか分かりませんが、感謝カンゲキ雨嵐でございます。ありがとー!