【肌改善】尽きないお肌の悩み。健康な肌になるには? ~外側からのスキンケア編~

 



FAstyleではラウンジで働いている女の子に文章を委託する「FAW Project」をスタートしました。空いている時間にアナタの体験談を文章にしませんか?FAstyleでは女の子のリアルな体験談を募集中です!

 

今回の内容は、【「尽きないお肌の悩み。健康な肌になるには? ~外側からのスキンケア編~」。お肌ってなんでいちいち荒れたりするんでしょうね?どうせならいつまでもつるっと綺麗なお肌でいられるように、神様が作ってくれたらよかったのに。

 

今回の寄稿者はラウンジ経験者のグリコさん。以前内側からのスキンケア方法を紹介してくれましたが、今回は外側からのスキンケア方法のご紹介です。実際に健康肌を手に入れたグリコさんの記事は必見です!是非ご覧ください!

 

 

 

 



 

【肌改善】尽きないお肌の悩み。健康な肌になるには? ~外側からのスキンケア編~


健康的なお肌を手に入れましょう
 
いよいよ、実践的なスキンケアの方法に移っていきましょう。

これから紹介するスキンケアは、脂性肌さん、乾燥肌さん、敏感肌さん、ニキビ肌さん、アトピーさんなど、どんな肌タイプのひとにもOKな基本的なアプローチ。

いろんな皮膚科に通ったことで、先生たちのいうことに共通点があることが分かりました。それをまとめたのが、この方法です。

そして実際に、アトピーとにきびの両方で悩んだ私の肌は、人生最高な状態に。

ダウンタイムもひとによってあるそう。でも、シンプルが一番だということを信じて、本来の肌の力をよみがえらせましょう。

 


 

1.化粧は石けんで落とす

 

まず、従来のクレンジングは、洗浄力が強すぎてお肌の乾燥をうながしてしまうと言います。

最近話題になってきているのが、石けんで落とせるファンデーションですよね。

これらがなぜ肌に良いか?

それはクレンジングを使う必要がないからです。

ズバリ、化粧品は石けんで落ちるものを、石けんは余計なものがはいっていない石けん素地100%の純石けんを!

洗う際は、落としきろうと長い時間石けんを乗せてはいけません。どんどん乾燥を招くので、さっと馴染ませ、洗い流すこと。

見た目に落としきれていないように見えても、大丈夫。皮膚科学の本や、有名皮膚科の先生によると、多少残っていても酸化した皮脂さえ落とせていれば皮膚のメカニズム的にはまったく問題なし。

色は角質層にのっかているだけなので、悪さをしないらしいのです。それよりも、洗い過ぎることの方が大問題なのだとか。

私もこれに気をつけるようになってから、顔の赤みが激減。アトピーの再発がなくなり、お風呂上がりも乾燥しなくなりました。

私は、目元に濃いメイクをした日は、クレンジングオイルではなく、目元だけをココナッツオイルでさっとなじませて洗い流します。

そして、石けんで顔全体をさっと洗う。市販のクレンジングオイルは、どうしても肌のうるおいすべてを奪うと思って下さい。

皮膚科の先生たちが石けんを使うことをおすすめする記事はたくさん出てくるはずです。よかったら調べてみてね。

 

2.化粧水でお肌を冷やす

 

界面活性剤のはいっていない化粧水で、やさしくパッティングしましょう。

肌表面を冷やすことで、お肌の新陳代謝をうながし、肌の力をよみがえらせることができます。

冷水で顔を洗うのもおすすめですが、パッティングすることで角質層より奥のほうまで冷やすことができます。

パフには、化粧水をこれでもかというくらい、たっぷり含ませましょう。

敏感肌さん、とくに今まで何種類も化粧品を使ってきたのなら、お肌が相当薄くなっているはず。少しの刺激で敏感に反応してしまうことも。

摩擦をさけるためにも、冷やすためにも、化粧水ははどばどば使いましょう。触ってみて、肌表面がヒヤッとするまで、何度もパフにふくませては叩く。これを2分ほど続けるのがコツです。

化粧水は、高いものである必要は全くありません。内容物の種類がより少なく、シンプルなものをチョイス。

界面活性剤は長期的にみてお肌を弱くしてしまう成分なので、かならず入っていないものを選びましょう。

さて、叩き方ですが、前編で説明したとおり、摩擦は絶対NGです。横に滑らせず、直角にたたくことが大切。



 

3.クリームを薄くのせる

 

薄く乗せるだなんて、気付いたときにぬる、というくらいたくさん乗せていたひとには、物足りなく感じるでしょう。

そうです、最初の一ヶ月は乾燥します!

ですが、外からつけるものを減らすということは、肌の力を取り戻すための重要な鍵なのです。長い目でみれば、かならず乾燥は緩和されます。

市販で売られている化粧品は、角質層にのっかるだけで、奥まで入り込んで何か皮膚のターンオーバーに役立つということはないそう。(今まで高い化粧品を買っていたあなた、、私もそうでした。ショッキングな事実。)

つまり一般的にスキンケアに期待できる役割。それは、化粧水では冷やす、クリームは保護。これだけです。

保護のためには、クリームはテクスチャーが固いものが○。

不純物の入っていない、白色ワセリンなどがおすすめです。

クリームを選ぶ際も、界面活性剤はさけましょう。

塗り方は、手に塗り広げてから顔を包み込むようにしましょう。ここでも、マッサージをしたり摩擦が起こらないように気をつけて。

健康な肌作りには、この3ステップのシンプルさが大切です。

ただし、これでもまだ、肌からしてみるとケアしすぎだそうです。

本当は、なにも塗らずともお肌のターンオーバーを保てることが理想だそう。しかも、それは生まれつきの皮膚病がないかぎり、誰もが可能だそうです。

たしかに、手の甲など、なにも塗らなくてもきれいですよね?

顔も同じこと。これらのステップで肌がきれいになったら、ひとつずつアイテムを減らしていくのもおすすめです。

 

4.おすすめの本

 

『「肌」の悩みが消えるたった一つの方法』

著者の宇津木龍一先生は、重度の火傷治療にあたっていた方。内容は、いわゆる肌断食に似ています。

こちらは皮膚の構造をわかりやすく説明してくれつつも、美容の観点からもアドバイスしてくれ、具体的なスキンケアの方法も。目から鱗の連続です。

この本は爆発的に人気が出ましたが、私の周りではこの方法を試して一気に肌トラブルにおちいり、途中でやめてしまう子も多々。

特に、たくさんの化粧品を使ってきた人は、肌断食した時の反応が大きく出るので注意が必要です。

肌断食をやる際は、個人的には使うものを少しずつ減らしてじっくりと慣れさせていくことをおすすめします。

人によって数ヶ月つづくこともあるダウンタイム。これさえ乗り越えれば、肌は本来の力を取り戻していくはずなので、気長に待ってみましょう。

何はともあれ、健康肌を目指すなら、この本は一読の価値あり!

 

5.終わりに

 

いかがでしたか?

広告などでいわれている方法とはすこし違ったスキンケアになっていたと思います。

たしかにこっちの方が自然かも、、?なんておそるおそる試した結果、実際に大きな効果があった方法です。

お肌の構造は、私たちが思うよりも単純ではなく、奇跡のような仕事をしてくれています。

それを邪魔しないよう、シンプルなケアで見守っていけるかが、健康な肌への鍵になると思います。

 

 

筆者:グリコ

 

尽きないお肌の悩み。健康的な肌になるには? 〜内側からのスキンケア篇〜

 



 

編集後記


セレブたちの間では、何もしないスキンケアを実践している人たちがいるそうです。

その方法はいたってシンプルで、毎晩欠かさず顔を洗うことせず、何もつけない。ただこれだけ。

「そんなのお肌パリパリになっちゃう!不安過ぎて無理!」と嘆く声が聞こえてきそうです。


この方法はニキビ肌の人には効果抜群なようで、長い人生一度試してみる価値はあるのでは?

お悩みの方は是非お試しあれ~