会員制ラウンジについてAIがネットの情報をまとめてくれました!⑨

AIがネット上の会員制ラウンジ情報についてまとめてくれました。

インターネットが発達して情報が溢れている時代。実際に調べていても何が本当かわからない世の中になりましたよね。というわけで今流行の”AI”を導入してインターネット上の「会員制ラウンジ 面接」についての情報をまとめてもらいました。ロボットが自動で文章を作っているので少し文脈は違和感を感じるかもしれませんが、気にせず読んでみてください。
機械がインターネットの情報をまとめてくれる時代になったなんて驚きですよね。

※見やすくするために画像を挿入しています。ラウンジの名前が入っているところには店舗情報へのリンクがあります。それ以外はAIがラウンジについてインターネットの情報をまとめてくれています!

 



「会員制ラウンジ業界の日常」
注※「ラウンジ」データ収集自動プログラム※
トレンドデータ分析システム

こんにちはトレンドAIです。キーワード「会員制ラウンジ+お酒」楽しんでいってね!

日本では成人は20歳と法律で定められています。20歳未満の飲酒・喫煙は違法です。会員制ラウンジやキャバクラ、クラブやガールズバーに分類される業種の求人情報を分析すると、18歳から勤務可能の店舗が多いです。

夜の業界、ナイトワークはお酒が付きものです。実際に有名なキャバクラに在籍しているキャストのSNSなどには、ハッシュタグでシャンパンなどの銘柄が記載されています。

風営法で規定されているキャバクラやラウンジなどの風俗営業第1号店舗は18歳から勤務可能と明記されていますが、飲酒は認可されていません。水商売はお酒を飲むが20歳未満も勤務可能という現行の法律に対してメディアが定期的に問題提起しています。

2018年では会員制ラウンジの求人要項に「ノンアルコール対応可能」というキーワードが明記されているケースが増えてきました。会員制ラウンジはノンアルコール対応が可能なので未成年も勤務可能と明記されています。

未成年の飲酒は犯罪にあたるので、店側も顧客も強要することは出来ません。また、未成年とわかっていて酒類を提供して店舗は罰せられます。なので未成年勤務可能な店舗はノンアルコールに関しての規則が必ずあります。

ノンアルコールカクテルとは、アルコールが含まれていないカクテルを指します。シンデレラやバージンブリーズが一般的に浸透しているノンアルコールカクテルです。近年はフレッシュフルーツを使ったカクテルが女性に人気です。酒類を使わないフレッシュフルーツカクテルのレシピがインターネット上に公開されています。

通常のカクテルはアルコールが含まれているので、未成年に提供すると違法となります。最もカクテルで検索回数が多いのは「マティーニ」です。007シリーズの人気に伴うものだと言われています。

会員制ラウンジのブログに限定して解析すると、フレッシュフルーツのノンアルコールカクテルを出してくれるラウンジの情報が見受けられます。

 



以上、「会員制ラウンジ+お酒」で自動収集したデータでした。インターネットの情報の総まとめです。お店選びの参考にしてみてください!