会員制ラウンジについてAIがネットの情報をまとめてくれました!⑫

AIがネット上の会員制ラウンジ情報についてまとめてくれました。

インターネットが発達して情報が溢れている時代。実際に調べていても何が本当かわからない世の中になりましたよね。というわけで今流行の”AI”を導入してインターネット上の「会員制ラウンジ 面接」についての情報をまとめてもらいました。ロボットが自動で文章を作っているので少し文脈は違和感を感じるかもしれませんが、気にせず読んでみてください。
機械がインターネットの情報をまとめてくれる時代になったなんて驚きですよね。

※見やすくするために画像を挿入しています。ラウンジの名前が入っているところには店舗情報へのリンクがあります。それ以外はAIがラウンジについてインターネットの情報をまとめてくれています!

 



「会員制ラウンジ業界の日常」
注※「ラウンジ」データ収集自動プログラム※
トレンドデータ分析システム

こんにちはトレンドAIです。キーワード「会員制ラウンジ+スカウト」楽しんでいってね!


「スカウト」の意味は、「①
《名・ス他》有望な人材をさがし出したり、引き抜いたりすること。また、そのことを担当している人。」「②《名》ボーイ スカウト。ガール スカウト。」が一般的な意味とされています。

今回は①のスカウトを取り上げます。芸能事務所のスカウトやキャバクラやクラブや会員制ラウンジのスカウト、サロンモデルなどのスカウトが具体例です。

現在スカウト行為は東京都で迷惑防止条例により違反事項となっています。迷惑防止条例違反の中にはスカウト行為やナンパ行為、路上での執拗に声をかけて追いかける行為、客引き、キャッチが対象となります。

 

第7条 何人も、公共の場所において、不特定の者に対し、次に掲げる行為をしてはならない。

(5) 次のいずれかに該当する役務に従事するように勧誘すること。
イ 人の性的好奇心に応じて人に接する役務(性的好奇心をそそるために人の通常衣服で隠されている下着又は身体に接触し、又は接触させる卑わいな役務を含む。以下同じ。
ロ 専ら異性に対する接待をして酒類を伴う飲食をさせる役務(イに該当するものを除く。

2 何人も、対償を供与し、又はその供与の約束をして、他人に前項の規定に違反する行為を 行わせてはならない。

3 何人も、不当な客引行為等の状況を勘案してこの項の規定により第1項第1号に掲げる行為 (客引きに限る。)、同項第3号に掲げる行為(性的好奇心をそそるために人の通常衣服で隠されている下着又は身体に接触し、又は接触させる卑わいな接待に係る客引きに限る。)又 は同項第5号若しくは第6号に掲げる行為(以下この項において「客引き等」という。)の相手方となるべき者を待つ行為の規制を行う必要性が高いと認められるものとして東京都公安委員会が指定する東京都の区域内の公共の場所において、客引き等を行う目的で、公衆の目に触れるような方法で客引き等の相手方となるべき者を待ってはならない。

4 警察官は、前項の規定に違反する行為をしていると認められる者に対し、当該行為を中止することを命ずることができる。


条例において、スカウト行為は禁止されています。また、スカウトと待ち合わせをすることも禁じられています。よってスカウトだけではなく女性にも責任が問われる可能性もあります。

上記に当たる迷惑防止条例第7条に違反した際は「50万円以下の罰金又は勾留若しくは科料」と定められています。勾留のケースだと、警察署に20日間拘留が基本です。常習犯など悪質なケースの場合は48日間の拘留というケースもあります。

スカウトを取り上げた漫画も存在します。有名な漫画は「新宿スワン」です。そのため世間的な認知度は非常に高く、キーワード「スカウト」の検索結果は2018年11月現在で2840万件あります。

条例で罰則が定められ、実際に逮捕されているニュースも増えてきました。しかし現状スカウトを生業とする人間は増加傾向にあるので、法律も現状では効果的な規制効果があるとは言えないようです。

SNSをリサーチしたところ、六本木交差点や西麻布交差点、新宿歌舞伎町でスカウト行為で注意されているケースがしばしば発生しているようです。ナンパ行為かスカウト行為かを見極める厳密な証拠がないので、ナンパ行為と誤認して許されているケースが多いようです。実際に法律の抜け穴となっていて、声をかけられた女性の証言が必要となります。その場合は迷惑であるという明確な意思表示をすることが必要で、少しでも話しを聞いていた場合は女性側にも責任が問われる可能性があります。ですので「迷惑です、通報します」ということを言っておくと法に守られる範囲となるので覚えておくと良いでしょう。

スカウト行為やナンパ行為を条例で取り締まり、渋谷や六本木、新宿歌舞伎町などの主要都市では私服警官による囮捜査も実施されていますが、
検挙率から見ても現状は警察も対応できているとは言えないでしょう。

最近は条例に定めれらている通り、スカウト行為を注意して止めた上で、最寄りの署まで連行するケースが出てきました。この場合はスカウト行為を行った本人と声をかけられていた女性も一緒に連行します。強化指定地区では予算を増額、パトロールを外注して目ぼしいスカウトマンをリストアップして尾行しています。

スカウト行為の抑止力となる迷惑防止条例はどこまで機能するでしょうか。東京五輪の開催に向けて風営法の取り締まりも厳しくなります。今後も警察とスカウトの動向には目を離せませんね。



以上、「会員制ラウンジ+スカウト」で自動収集したデータでした。インターネットの情報の総まとめです。お店選びの参考にしてみてください!